Googleが勝手に提案してくるので、関連コンテンツ式の広告を作成してみました。自分でコントロールできないので、ちょっと残念。

Googleはお節介で、人のサイトにいろいろ言ってきてくれます。

R18やギャンブルの広告を載せるともっと収益があがるよ、とか。大きなお世話です。上品さというブランドイメージでこのサイトを運営しているので、やめて欲しいです。

そんなGoogleも反省したのか、最近は、関連コンテンツというすげぇ広告が載せられるよ、という新しいメッセージが出始めています。

なんじゃ、そりゃ。

早速調べてみました。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます。

おすすめの関連コンテンツはトピックの類似性に基づいており、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされます。テストの結果によると、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が 9%、滞在時間が 10% 向上します。詳しくは、この Inside AdSense ブログ投稿の関連コンテンツ: ユーザーの関心を高め、滞在時間を伸ばす方法をご覧ください。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関

うーん、かえってよくわからない。

他のサイトで調べてみて、ようやく理解しました。結構な優れものみたいですね。

昨年から、関連コンテンツユニットという、新しいアドセンス広告が使えるようになりました。ただ、使用するには条件や基準があり、全員が使うことはできないようです。今回は、関連コンテンツユニットの、貼り方や設置方法をまとめてみました!
本日、AdSenseの管理画面を覗いてみたところ、『関連コンテンツ ユニット』が使えるようになったという告知が表示されていました。Google AdSense と言えば、広告を...

そうとなると、まだ効果のほどはわかっていないものの、この権利を持続したいと思いました。記事数は足りているはずなので、あとはPV数をどう稼いでいくかなのですが、そこまで素敵な記事を書いているわけではないので、難しいところです。

もう、2度と超えない可能性もあるので、記念に記録しておきます。次の目標は30,000PVかな。さすがにちょっと厳しいなぁ。 この影響と...

実際、設置してみると、広告が表示される記事と表示されない記事があり、サイトの価値を測られている感じです。AIすごいなぁ。AIかどうかわからないけど。

ブログ村からの一定の流入はあるんですが、食べログからの流入がないのが、想定外なんで、これを何とか改善しようかと企んでいます。