魔裟斗と山本KID徳郁が大晦日に対戦とのこと。金目当てにしか思えないし、とんだ茶番になる予感。

どちらも、旬をとっくに過ぎた選手でしょ。話題性はあるけど、いかがなものでしょうか。亀田祭りと同じぐらいつまらなそう。

頑張って、体は作ってくるとは思いますが、全盛期には遠く及ばないでしょ。どっちかが守りに入ったら、かなりしょっぱい試合になりそうです。面白いとしたら、後先を考えずに攻めてダウンの応酬がある場合。でも、ダウンを奪えるような、パンチもキックもできないんじゃないでしょうかね。

TBSでは、2015年12月31日(木)よる6時から『史上最大の限界バトル KYOKUGEN2015』を放送することが決定した。

5時間半の長時間にわたり超一流アスリートがガチンコ対決を繰り広げる『KYOKUGEN2015』。

なんといっても今年の目玉は、K-1 WORLD MAX日本人初の世界王者であり、格闘技界のレジェンド・魔裟斗の一夜限りの電撃復活だ! さらに、その魔裟斗の前に立ちはだかるのは、現在も世界最高峰の格闘技団体UFCで戦い続ける“神の子”山本KID徳郁!

TBSではこの夢のビッグマッチを独占生中継する!

魔裟斗とKID、2人の初対決は、格闘技全盛期の2004年大晦日にさかのぼる。

日本中が注目した一戦は、第1ラウンドでKIDがダウンを奪うが、不運なアクシデントにより試合は一時中断。再開後、第2ラウンドに魔裟斗がダウンを奪い返して判定勝ちを収めた。この対戦はTBSで放送され、瞬間最高視聴率31.6%を叩き出し『NHK紅白歌合戦』を上回る伝説の一戦となった(視聴率はビデオリサーチ調べ・ 関東地区)。

あれから11年。KIDとの再戦が決まった魔裟斗は、夏頃からハードなトレーニングを続けている。

しかし、現役引退からすでに6年。ブランクは簡単に取り戻せるものではなく、トレーニングを開始した当初は“人を殴る、殴られる怖さ”を感じたという。魔裟斗はまさに、“極限”といえる対決を制することができるのか!?

一方、11年前に負けを喫したKIDは“負けたままでは、終われない”と早くも戦闘モードに突入。

キックの技術を磨くため、11年前にも訪れたタイに出向き、武者修行を敢行中だ。

今回のビッグマッチに向け、「KID君、一緒に大晦日を盛り上げよう!」と魔裟斗が呼びかければ、「久々の大晦日の試合、楽しみながらやるけど、リングに上がったら情け無用!」とKIDも応酬する。

2015年大晦日。11年前の伝説の一戦が再びよみがえる!

勝つのは、復活する伝説のK-1ファイター・魔裟斗か!?

それとも、リベンジを誓う“神の子”山本KID徳郁か!?

『KYOKUGEN』でしか観られない世紀の一戦をお見逃しなく!!