現場検証のため、警察が来ました。ドキドキしていたのに、拍子抜けな感じの人たちで、盛り下がっちゃいました。

長男が自転車とぶつかって、4針を縫う怪我をしちゃいました。

保険を使う必要もあり、警察を呼んでの現場検証をやることになりました。

・・・現場検証。

この甘美な響き。もしかしたら、水谷豊のような刑事がコートの襟を立てながら現れるのかと思いきや、ライトブルーの制服を来た交通課らしき2名。

なんだ、普通じゃん。

それでも、近所のおじいちゃんとか、意味もなく植木の世話をしに、家から出てきます。

いやあ、現場検証のとき顔を出すぐらいなら、事故が起きて、長男が血だらけになっているときに、出てきて助けて欲しいんですけどねぇ。

で、なにごともなく終了。

こんな風にふざけて書けるのも、大事に至るような大怪我じゃなかったからです。気をつけないといけないですね。