TAG

長男

将棋倶楽部24で昇級。ようやくって感じ、遅れて来たルーキー。駒サプリのおかげか、それとも、長男の誕生日プレゼントのおかげか。ただ、次負けると降級というのが厳しい。

結局のところ、レーティングなんで、すぐ降級するシステムなんですよね。しばらく指すのやめようかと思っちゃうぐらいです。 ちなみに、昇級の一番は、終盤での大逆転勝利。相手のポカによる頓死ですけど、いいんですよ、勝てば。勝てば官軍。

妻と長女が旅行。長男と2人だったけど、今朝はその長男もお出かけ。咳をしても一人。老後の練習しています。「爺活」ですな。

まあ、それなりに楽しんでおります。そして、まだ飲んでいませんよ。   「咳をしても一人」などの句で知られる自由律の俳人・尾崎放哉。前途を嘱望されたエリート社員だったが、家族も仕事も捨て、流浪の果て、孤独と貧窮のうちに小豆島で病死。その破滅型の境涯は、同時代の俳人・種田山頭火と並び、いまなお人々に感銘を与えつづける。本書は、遁世以後の境地を詠んだ絶唱を中心に全句稿を網羅するとともに、小品・ […]

長男が指導対局していただいた先生たちの記録。あ、ごめんなさい、指導棋士や奨励会の方は日本将棋連盟のサイトにプロフィールがないので、省略しちゃいました。

長男もずっと将棋を続けるわけでもないかな、と思ったので、記録しておくことにしました。みなさん、ありがとうございました。私自身は指導対局というものを受けたことがないので、羨ましい限りです。

長女に引き続き、長男も英検に合格。過去問の成績からは余裕だったんですけど、無事に合格して良かったです。

英検の成績表の見方がよくわからないのですが、上の級の合格ラインぐらいに来ているので、次回か次々回には、上の級に挑戦したいところです。 教科書を見る限り、私が子どもの頃と比較して、びっくりするぐらい高度な内容なのと、中学受験には英語がなかったので、アドバンテージがない科目なので、心配してはいたんですけど、一定のレベルはクリアしていて良かったです。 Duolingoのおかげなのかな。 そもそも、勉強も […]

長男が誕生日にくれた将棋の本。まずは、詰将棋からやっつけに行ってます。3分の1ぐらいやって、2問間違えちゃいました。

ありがとう。がんばる。   同シリーズ『5手詰将棋』の読者からの強い要望により第2弾が登場。 「実戦の終盤戦を指しているような気分で詰将棋を楽しめる」がテーマのオール7手詰め202問。 配置してある玉の位置も実戦と同じように盤面の右上にあったり、左上や真ん中にあったりと、囲いの名残りを残していて、臨場感たっぷりの構成。思わず解いてみたくなる実戦形の問題がそろっている。7手詰め集としてこれ […]

久しぶりに幕張メッセに行きました。吉祥寺からだと遠いですね。XRの展示を見たんですが、野球が一番、面白かったかな。

こういう展示って、人が多くて、気分が悪くなるので、早々に退散しました。 そこまで盛り上がるものはなかったんですが、VRの技術を使っての野球は面白そうでした。本当は則本を打ちたかったんですが、並んでいたので断念しました。   考えてみると、幕張メッセは久しぶりです。長男の将棋の付き添い依頼ですかね。