沢村流トレーニングって、それだけはダメでしょ。真似をするなら、成功している選手にしてください。

ダルビッシュや大谷に聞くならわかるけど、沢村はないでしょ。反面教師にするのかなぁ。ドラフト1位なんだから、自分を大切にして欲しいところです。

 巨人から1位指名を受けた152キロ右腕の鍬原(中大)が体重アップで来春キャンプの1軍スタートをつかみ取る。27日、東都大学秋季リーグ戦の最終戦となる国学院大戦でベンチ入り。登板機会がなくチームは2―3で敗れ大学野球に一区切りをつけた。

「ダルビッシュさんや大谷選手も体を大きくして成功した。ここからの時間が大事になる。走り込みやウエートトレーニングで大きくしたい」

大学3年のオフに体重を7キロ増やし、平均球速が5キロほど上がった。現在76キロで「冬の間に最低でも80キロにしたい」。試合後には、母校の応援に来ていた沢村にあいさつ。「自分の倍ぐらい大きかった。どうやったら大きくなれるのか、トレーニング方法を聞いてみたい」と目を輝かせた。