祈りの幕が下りる時、これはサスペンスとして観るんじゃなくて、親子愛を感じる映画です。

新参者のシリーズね、サスペンスなんでしょ、と思っていたら大違い。

親の子どもに対する愛情を扱った話。逆に言うと、それ以上でもそれ以下でもないですね。でも、好きです。

この事件は俺の過去と関りが強すぎる。
事件のカギは俺なのか・・・?

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は滋賀在住の押谷道子。
殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。
やがて捜査線上に浮かびあがる美しき舞台演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。
しかし彼女には確かなアリバイがあり、捜査は進展しない。
松宮脩平(溝端淳平)は捜査を進めるうちに遺品のカレンダーに日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。
その事実を知った加賀恭一郎(阿部 寛)は激しく動揺する。それは失踪した加賀の母に繋がっていた–。