山川が「どすこい」パフォーマンスを封印したらしい。全く、意味のないことをさせて、どういうつもりなんでしょう。

そんな自粛、意味あるのかなぁ。

そもそも、無観客試合なんですよね。

https://full-count.jp/2020/03/13/post719745/

山川はこの日、ヤクルトとのオープン戦(メットライフ)で4打数4安打2打点の大暴れ。7回には左翼芝生席上段へ豪快なオープン戦3号となる2ランを放ち、無観客の左翼席へ向けて「どすこい!」ポーズを決めた。ところが試合終了後、球場をあとにする際に「自粛ですね……ハイ。結論を言うと」と封印を宣言した。

前日12日、日本野球機構(NPB)とJリーグが合同で開催した「新型コロナウイルス対策連絡会議」で専門家チームが、肩組みや跳びはねなど集団での動きを伴う応援は接触感染リスク、両手をメガホン代わりにした大声での声援などは飛沫感染リスクが高いと指摘。DeNAの守護神・山崎康晃投手の登場時にファンが行う「康晃ジャンプ」、山川が本塁打を放った際に観客と声をそろえて行う「どすこい!」ポーズ、ソフトバンク・松田宣浩内野手が同じく本塁打を放った際にファンとともに「熱男~!」と叫ぶパフォーマンスなどに対し、懸念が広がっているのだ。

山川は「明日からはホームランを打ったとしても……『調子乗っちゃって』をやりますか?」と寂しげに笑った。一昨年までは、女性お笑い芸人・ゆりやんレトリィバァに似ているといわれたことから、彼女の持ちネタ「調子乗っちゃって」のポーズを拝借していた。こちらはポーズのみで、観客が声を出すものではない。