ボヘミアンラプソディー、多少、美化しすぎているとこともあるんだろうけど、感動するし、引き込まれる映画です。

音楽には疎いので、クイーンもフレディ・マーキュリーも、名前を知っている程度だと思っていましたが、映画を観ると、どれも聞いたことのある曲で、さすがだな、と思いました。

ストーリーとしては、ベタで、才能を活かし成功し、その後、取り巻きのせいで失速、そして、最後に自分を取り戻す、というありがちなものなんですが、テンポがいいので、飽きさせません。

途中に入っている名曲の数々も良いんだと思います。そして、それぞれの曲の歌詞に、メッセージ色が強くて、共感できるのも良かったです。

ということで、おすすめの映画の1つです。

なんか、にわか「クイーン」ファンになっちゃいました。ということで、Amazonで検索。

伝説のバンド<クイーン>の感動の物語。1970年、ロンドン。ライブ・ハウスに通っていた若者フレディ・マーキュリーは、ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーのバンドのボーカルが脱退したと知り自らを売り込む。二人はフレディの歌声に心を奪われ共にバンド活動をし、1年後、ベーシストのジョン・ディーコンが加入。バンド名は<クイーン>に決まり、4人はアルバムを制作し、シングル「キラー・クイーン」が大ヒット。個性的なメンバーの革新的な挑戦によって、その後もヒット曲が次々に生み出され、フレディは”史上最高のエンターテイナー”とまで称されるようになる。しかし、栄光の影で次第にフレディはメンバーと対立し孤独を深めていくのだった……。