15ミニッツ・ウォー、戦闘シーンになるまでのテンポが遅かったので、何となく眠くなっちゃいました。

まあ、設定は面白いけど、展開が地味で、テンポが遅かったで、ちょっと飽きちゃいました。

戦闘シーンは、なかなか盛り上がりました。

ただ、残念だったのは特殊部隊のリーダーが、普通のおじさんのような風貌だったことですね。なんか、信憑性がなかったです。

それはそうと、どこまで、実話なんだろう。

 

フランス最後の植民地ジブチ。軍関係者の子供を乗せたスクールバスが、独立派武装組織のメンバーに乗っ取られるという事件が発生。テロリストたちは、同志である政治犯の即時解放とフランスからの独立を要求し、応じない場合は人質である子供たちの喉を切り裂くと宣言する。事態を重く見たフランス政府は、事件の早期解決のため極秘裏に特殊介入チームを編成し現地へ派遣することを決める。チームを指揮するジェルヴァル大尉を始め、集められたのは軍でもトップクラスの実力を持つスナイパーたち。彼らは一斉狙撃によるテロリストの同時排除という前代未聞の作戦を立案。しかし、現地駐留軍そして事態を穏便に収束させようと動く外交筋との連携がうまく行かず、膠着状態が続いてしまう。一方生徒たちの身を案じた女性教師(オルガ・キュリレンコ)は軍関係者の静止を振り切り、生徒たちのために、単身テロリストに占拠されたバスに乗り込んでゆくのだが…。