ベートーベンズ・トレジャー・テイル、毒にも薬にもならない映画って感じですね。

ストーリーを含めて、かなりチープで、盛り上がりに欠けました。映画の選択を間違えました。

アメリカで大人気のセント・バーナード、我らがベートーベンのコメディ最新作は、爆笑間違いなし!映画撮影で大失敗した後、大らかなベートーベンとトレーナーのエディ(ジョナサン・シルヴァーマン)は帰路の途中の小さな港町で足止めをくらう。ベートーベンは地元の少年(ブレットン・マンリー)と仲良くなり、失われた宝の地図を共に見つけ出すと、町全体を巻き込む大冒険に乗り出す。