普通の子供が天才になる11の「思考ルール」、あれ、読んだんだけど、11個が何かわかりませんでした。

読み物としては、棋士が身近に感じられて面白いけど、子どもが天才になるルールなんて、どこに書かれていたっけ、というのが正直なところです。

もしかして、羽生と藤井とその他9名の棋士たちってことで、11のルールってこと。だとしたら、ひどすぎる企画の本ですね。

それに、普通の子供を天才に育てたい親必見って、どういうこと?

天才に育てたい、というのがしっくりきません。子どもが幸せになるように育てたい、っていうのがあるべき姿だと思うのですが、どうでしょう?

なんて、思っていたら、長男がこの本を読みだしている。まあ、いいか。香車一本でも強くなれるといいんですが。

将棋界の2大”天才スター”である、羽生善治竜王×藤井聡太六段は、なぜ生まれたのか? 永世7冠を達成した羽生竜王自らがロングインタビューに答え、「普通の子供が天才になる独自思考法」や「AI時代に勝つ脳の作り方」が明かされる。
また、渡辺明棋王、谷川浩司九段ら9人がインタビューに答え、「子供時代の独自教育法」、「勝つための独自哲学」「天才将棋士・藤井六段がなぜ作られたのか」などが語られる。
“普通の子供を天才に育てたい”親必見の一冊となっている。