TAG

将棋

升田幸三のGHQを訪れた話が面白い。チェスで取った駒を使わないのは捕虜虐待だという屁理屈が素敵すぎます。

将棋だけじゃなくて、屁理屈も名人級だったんですね。   「升田幸三がGHQを論破した! だから将棋は禁止されなかった!」 そんな調子の話が、ネット上では周期的にバズるようです。事実なのか。それとも創作なのか。最初に筆者の見解をまとめると、次の通りです。 ・1947年に升田幸三八段(当時、のちに名人)がGHQに呼ばれたのは事実と見るのが妥当。 ・升田八段が将棋とチェスの比較論を展開し、GH […]

Abemaトーナメント、チーム康光の善戦にびっくり。チーム天彦の圧勝だと予想していたのに、郷田九段がすごかったですね。

Abemaトーナメントは、チームの中で一番弱い棋士が強いチームが勝つと思っています。 大変、失礼ですが、先崎九段は、出場するメンバーの中では、実力的にはかなり劣後している思っているので、チーム康光は負けると予想していました。 が、郷田九段の驚異的なパフォーマンスにより、大接戦になりましたね。おかげで、盛り上がりました。

Abemaトーナメントのチーム豊島とチーム山崎の戦いがハンパなかったです。気持ちが入っていたので、見ているこっちも力が入りました。

収録が終わったのは朝方らしいです。すごい、午前4時とかに、あの戦いとか、体力勝負の面もありますね。 深浦九段、かっこよすぎ。さすが、気合の人。   深夜までのご視聴ありがとうございました!最終局阿久津八段戦はギリギリの勝負で力を出し尽くしました。 「TMF」で本戦戦える事が本当に嬉しいですね! 帰り道、山﨑八段から「深浦さんもすっかりアベトー戦士ですね。」と言われたのがなんだか嬉しくて。 […]

規制戦、いや、棋聖戦。2回も千日手の末、永瀬王座が勝ちました。藤井五冠が負けるの久しぶりに見た気がします。

やっぱり、永瀬王座がリードする形のほうが、盛り上がります。2局目以降が楽しみです。 本局は、△7一飛が気づいていなかった手だそうです。 あ、やばい、棋譜の商用利用をしてしまった。どうすればいいんだぁ~。   将棋の最年少5冠、藤井聡太棋聖(竜王・王位・叡王・王将=19)が永瀬拓矢王座(29)の挑戦を受ける、第93期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負第1局(主催 産経新聞社、日本将棋連盟)が3日 […]

将棋会館建て替えのクラファンに協力しようと思っていたけど、こんな酷い棋譜利用の制限をするのなら、考え直すことにしました。

だって、このブログで「▲4三銀は良い手だね」と書いたら、アウトなんでしょ。 文字情報については、盤面+文字情報であるべきで、文字情報の場合は初手から全部ことじゃないかな、と思いますけど。せっかく盛り上がっている将棋界なのに、なんで水を差すようなことをするんでしょう。意味不明です。 きっと、陰でコソコソ稼いでいる人から、お金を奪いたいんでしょうが、そのコソコソしている人たちのおかげで、マーケット全体 […]

Abemaで名人戦の中継をしているんだけど、解説がなくて、ただ中継し、AIの評価値を出しているだけで、これだと、ちっとも面白くないですね。

解説が重要ってことです。 だから、将棋が強い棋士は、当然、みんなが目指すんだろうけど、解説名人みたいな棋士の需要も高いと思います。 ただ、Abemaトーナメントと違って、長い持ち時間の将棋は解説するほうも厳しいですよね。話のネタがなくなっちゃうので。 そういう意味だと、今後は短い時間の棋戦が増えるんじゃないかと思っています。