内柴正人のプロデビューについて、デビューするのは自由だと思いますが、私は応援しないし、スポンサーだったとしたら降りますね。

犯罪にも刑の軽重ではなく、罪の優劣があると思っていて、内柴正人の場合は、かなり、質の悪い罪じゃないかと思っています。

なので、応援しません。そして、自分が運営する団体だったとしたら、客寄せになるかとか、お金になるとかいう理由で、デビューをさせないと思います。

それは、犯罪者だからではなく、質の悪い犯罪を犯したからです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00010001-wordleafs-fight

総合格闘技イベント「RIZIN.15」が行われた横浜アリーナの記者会見場の片隅を借りる形で那須川天心のセミファイナルが終わると同時に総合格闘技イベント「REAL」を運営するファイティング・グローブ実行委員会の小林繁之取締役が記者を集め、柔道の66キロ級アテネ、北京五輪2大会連続金メダリストであり、現在、キルギス柔道連盟の総監督を務める内柴正人(40)が、8月から10月に福岡で行われる「REAL」の大会でプロ格闘家としてデビューすることを発表したのだ。

思い返すと、一番、衝撃的だったのは、大洋から中日に行った中山裕章を思い出しますね。これでも、子どもたちに夢を与えるという建前のプロ野球に復帰できるのだから、そういう観点では、内柴正人はアリですね。だって、中山裕章の場合、6歳の幼女だから。

1986年にドラフト1位で横浜大洋ホエールズに入団して以降リリーフ・先発で主力投手として活躍したが、1991年オフに幼女への強制わいせつ事件を起こして神奈川県警察に逮捕され、後に横浜地方検察庁から不起訴処分となるものの球団を解雇された。