元農林水産事務次官が、自分の子どもを殺すという殺人事件にびっくり。子育て、って難しいですね。

いろいろな事件を見ていると、自分の子どもが、まず、凶悪事件を起こさないこと、次に、自立して生活できることが、親としての最低限の望みですね。

中学受験とか勉強ができるできないで、悩んでいるうちは、まだ幸せってことだと思いました。

https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019060101002159.html

1日午後3時40分ごろ、東京都練馬区早宮の住宅から「息子を刺し殺した」と110番があった。警察官が胸などから血を流している男性を発見、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁練馬署は殺人未遂の疑いで、通報した住人の元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者(76)を現行犯逮捕した。

練馬署によると、死亡した男性は同居している長男の無職英一郎さん(44)。熊沢容疑者は「長男を包丁で刺したことに間違いない」と容疑を認めており、殺人容疑に切り替えて調べる。

英一郎さんは1階の部屋の布団の上にあおむけで倒れ、上半身の複数箇所を刺されていた。近くで包丁も見つかった。

『元農林水産事務次官が、自分の子どもを殺すという殺人事件にびっくり。子育て、って難しいですね。』へのコメント

  1. 名前:ひろ吉 投稿日:2019/06/05(水) 06:45:55 ID:5c18c538f 返信

    放置しておいて、近所の子どもたちのことを襲ったりしたら、と思っちゃいますよね。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190602/k10011938201000.html
    長男は家庭内で暴力を振るうこともあったということで、父親の熊澤容疑者は「周囲に迷惑をかけてはいけないと思った」と話していることも、捜査関係者への取材でわかりました。