安宅さん、誰か知らないけど、レア化しろ、という教えには大賛成。常日頃、主張していることと同じで嬉しい。

私なんか、永遠のニッチ戦略ですからね。

でも、一つ重要じゃないかと思うのは、そうは言っても、既存の多くの人が従っている価値観の軸でも、偏差値50程度はあるほうが、相当望ましいと思います。ここが平均以下だと何かと足を引っ張られやすいので。

https://diamond.jp/articles/-/208123

柴山 現代において、安宅さんの教え子たちは、どうすればいいですかね。

安宅 彼らは、「いかに変な生き物化するか」に知恵をしぼるべきですね。普通だったらしないような経験を一つでも多くするべき。

柴山 一つでも多く、ということは、組み合わせが重要だからですか。

安宅 組み合わせるのが一番ラクだからです。ある軸で上位3~5%にいるのはそんなに難しくないけど、100万分の1になるのは並大抵のことではないから。かけっこでウサイン・ボルトに勝つようなものですよね。だから、20分の1とか、30分の1のレベルで勝てる領域を3つ探すわけです。上位20分1を3つ組み合わせれば、8000分の1の稀少な存在になれる。

・・・

安宅 そう。他人の尺度で測れなくなったらOKです。完全に異質な何かになった時に、自由になれる。さきほどのマタイ伝じゃないけど、狭き門の命に至る、なんですよ。それ以外の道には、ライフがない。ノーライフ。

柴山 測定不能な存在になる、というのはすごく大変ですよね。ただし、レアになること自体が目的ではない、ということですか。結果としてレアになる、ということ――?。

安宅 いや、レアになろうと意識すべきだと思います。尺度で測れるということは、代替可能な部品と同じです。代替不可能になることが重要。どういう手段でもいいから、レア化しろ、ということを、若い学生たちには絶対に伝えたい。先ほども言ったように、組み合わせのほうがラクだけど、1軸でレア化するなら、誰も目指さないことで頑張るのが基本ですよね。