箕輪厚介のオンラインサロンの動画を見たら、クスリでもやっているようにしか思えない雰囲気と、そこから滲み出ている人間性の欠如がよく表現されていました。

さすが、文春砲。

【動画】幻冬舎 箕輪厚介氏「何がセクハラだよボケ」「俺の罪って重くない」「反省してない」オンラインサロン会員へ大放言《動画入手》

それにしても、伝わりますね、動画は。いかにクズな人間かが、如実でした。いつもこんな調子だとしたら、オンラインサロンに入って、信奉している人の意味がわかりません。

死ぬこと以外はかすり傷を読んで、「熱い」ということも大切だな、とちょっと思った自分に反省。

とても読みやすくて、面白い本です。熱量がありますね。 ただ、全員がこんな熱量だらけになったら、私は個人的には、過ごしにくい気がします。...

でも、そんなに自分に酔っている割に、実際に出ているホリエモンの本を読んで、中身の薄っぺらさで、この人、全然大したことないじゃん、と我に返って、今回の文春で完全に目が覚めました。

一昔前の中谷彰宏の大量生産と同じタイプの本です。とにかく、低コストで作る、同じことを言い方とか、構成だけ変えて、出しちゃう、って感じです。 ...

要は、本の中身じゃなくて、売り方なんですね。山本一郎氏が解説していました。

https://bunshun.jp/articles/-/38253

翻って、出版業界の売れ線を作るにあたり、ビジネス書から自己啓発まで幻冬舎・箕輪厚介さんが作り上げた売るためのサイクルは偉大です。内容よりも売れる仕組みができればよいのだというAKB的な支持の仕組みと、いや、本というものはきちんと中身があるものであるべきだという古き良き出版サイドの価値観とが交錯するのですよ。

それにしても、ひどいなぁ、この動画。ツッコミどころ満載でびっくり。

https://bunshun.jp/articles/-/38132

内輪の中でいうと、徐々に相手の女性の異常性っていうのが知れ渡ってきて「さすがに箕輪さんこれでやられるのはおかしいんじゃない?」っていう話がやっとこさ出てきたんで、それはちっちゃいながらの前進かなと思うんですけれど

この件に関しては、僕はいいです。僕は元々ああいうメッセージを送る人間で、そういう人なんで。その人はちょっと異常な人なんですけど、僕はそういう人間なのでそれはもうしょうがないかなと。今から気をつけます。でも今から気をつけてもしょうがない。3年半前のが出るんで今から気をつけてもしょうがないんですけど、一応まあそういう人です。

だから俺もああいうメッセージを送る人間です。以上。セクハラとかは絶対しないですよ。けど、ああいう「どうなの?」みたいなジャブみたいなメッセージは送る人間ですよ

表舞台っていう処刑台なんだよ。あとは出版人の嫉妬だよね。箕輪むかつくっていう。でもこれ箕輪むかつくっていうのは、今回箕輪のセクハラ騒動で、文春砲で箕輪が黙って、3日間ぐらい何もツイートしなくていきなり「東京改造計画」ドーンってやってこんだけニュースになってめちゃめちゃ売れて、また嫉妬してるだろうね。「ふざけんなこいつ」って

もうどうしようもないよ。実力が違いすぎるんだもん、正直。嫉妬されても申し訳ないっつーか、実力が違いすぎるんだよ

俺のやった罪ってそんな重くないだろ。はっきり言って。まぁしょうがないよね。でもさ、俺のやった罪って重くないって思うけど、山田孝之が沖縄行っただけであんな叩かれるんだから世の中ってクズだなって思う

あの、反省してないです。気を付けます。以上。反省はしないです。忌野清志郎のことばに、「自分の手で食っていく奴が簡単に反省しちゃいけない」っていうことばがあって。俺は反省してないです。ふざけんなバーカ