WOOD JOB、ありがちなストーリーではあるものの、ほのぼのしていて良かったです。

映画はともかく、林業は奥深いですね。自分の仕事の成果は、何代も後になってわかるんですから。そういう生き方をしていると、どこかしら、超越した感覚が育まれるのかもしれません。

主人公も、そういう生き方に引き込まれたんじゃないかな、と勝手に思いました。

ステキな村の人たちなんで、幸せに暮らして欲しいと、フィクションなのに応援しちゃいました。

もっとも、あの小さい村に、長澤まさみと優香の両方がいるという奇跡なんていうものはないんですけど。

毎日お気楽に過ごしていた、チャランポランな男子・勇気(染谷将太)は、大学受験に失敗、彼女にもフラれ、散々な状態で高校の卒業式を迎える。
そんな時、ふと目にしたパンフレットの表紙でほほ笑む美女につられ、街から逃げ出すように1年間の林業研修プログラムに参加することに。
ローカル線を乗り継ぎ降り立ったのは、ケータイの電波も届かぬ“超”が付くほどの田舎神去(かむさり)村。鹿やら蛇やら虫だらけの山、同じ人間とは思えないほど凶暴で野生的な先輩・ヨキ(伊藤英明)、命がいくつあっても足りない過酷な林業の現場…。
耐えきれず逃げ出そうとする勇気だったが、例の表紙の美女・直紀(長澤まさみ)が村に住んでいると知り、留まる事を決意するが…。
休む間もなくやってくる新体験、野趣あふれる田舎暮らし、とてつもなく魅力的な村人に囲まれ、勇気は少しずつ変化してゆく—。
果たして、勇気と直紀の恋の行方は?無事に生きて帰れるのか! ?
抱腹絶倒! ! ワイルドすぎる青春エンタテインメントの幕が今、上がる! !