ヒッチコックのサイコ、今となっては、ありきたりのストーリーだけど、当時はすごく斬新だったと思います。そして、音の使い方がうまいと思いました。

今となっては、オチがわかりやすいですけど、オチがわかっても、その臨場感は損ないません。楽しく、見ることができました。

60年前に、この映画を撮った、というのは凄いことだと思います。

 

アルフレッド・ヒッチコック監督による画期的なホラー映画の傑作!アンソニー・パーキンスが精神を病んだ青年ノーマン・ベイツを主演。青年の住む古くて暗い家と、それに隣接するモーテルで無事に夜を過ごす者はいない。不運な宿泊客マリオン・クレイン(ジャネット・リー)は、有名な“シャワーシーン”で犠牲者になる。彼女の行方を捜して、私立探偵そしてマリオンの妹(ヴェラ・マイルズ)がモーテルを訪れる。殺人犯人の正体が明かされるクライマックスへ向けて、恐怖とサスペンスが高まっていく!