世界はありのままに見ることができない、これは想定したのと違って、難しい話でした。なので、斜め読み。

面白い「問い」だし、アタマの体操としては良いけれど、現世的な利益を持たらなさない割に、難解な文章なので、断念。

社会人より学生向けの本じゃないかと思います。生活者には、あまり役に立たない気がします。

 

私たちの知覚は世界を正しく捉えているのだろうか。紀元前から問われ続けてきたこの難問に、進化生物学、ゲーム理論、神経科学など駆使して、気鋭の認知科学者が新しい答えを提示する。