弁護人、事実ベースの話ということなので、感動的ではありますが、ちょっとテンポが遅い気がしました。

そして、独裁政権って、こういう風になるわな、と言うことで、政府が暴走しないように、どう歯止めをかけるかって重要ですね。

全斗煥大統領って、そういう政権だったんですね。リアルタイムのときは、全く知りませんでした。最近になって、何かしらの映画で知りました。なんか、この頃の政権がやらかしたことを現在の日韓両国で尻拭いをしている気がします。

 

1980年代初めの釜山。学歴はないが、様々な案件を抱える売れっ子、税務弁護士ソン・ウソク(ソン・ガンホ)。大手企業からのスカウトを受け、全国区の弁護士デビューを目の前にしていた。ある日、駆け出しの頃にお世話になったクッパ店の息子ジヌ(イム・シワン)が事件に巻き込まれ、裁判を控えているという情報を聞く。クッパ店の店主スネ(キム・ヨンエ)の切実な訴えを無視出来ず、拘置所の面会に行くが、そこで待ち受けていたジヌの信じがたい姿に衝撃を受ける。軍事政権下、捏造された国家保安法違反による逮捕者が続出する中、多くの弁護士が引き受けようとしない事件の弁護をウソクは請け負うと決めるが…。