スタッフが嫌うのは酔っ払いで、好きなのは家族連れ、だって。家族連れでも酔っぱらう私はどうなんでしょう。

やっぱり嫌われちゃうのかな。

1995年には『星野リゾート』に改名。ブランドイメージの向上が加速した。2001年、星野リゾートが最初に手がけて再生させた『リゾナーレ八ヶ岳』は、一体何から手を付けたのか?タケ小山は気になっていたことを質問した。

「大事なのは“コンセプト”。誰に対して何を提供するか、それを社員全員が共感しなくてはならない」

『リゾナーレ八ヶ岳』では、スタッフが好きになれるお客様にターゲットを絞った。温泉旅館のスタッフから嫌われるのは酔っ払い。対して好かれているのが家族連れ、なのだそうだ。

「結果、3年間で劇的な業績となって表れた。この成功体験がその後の案件に対して自信を与えてくれたと思っています」