コン・ユのサスペクト、カーチェイスばかりだったのと、あまりにも現実離れしているところが、イマイチでした。

カーチェイスって嫌いなんですよね。

見ててわけわからないし、監督の自己満足にしか思えません。

都会の片隅で孤独に暮らす男チ・ドンチョル。彼の正体は、北朝鮮特殊部隊の元エリート工作員。生きる目的はただひとつ、愛する妻子の命を奪い韓国へ逃げ延びた犯人への復讐。
運転代行業の傍ら、その行方を追っていたドンチョルは、唯一親身に接してくれたパク会長の殺害現場を偶然目撃し、ある遺品を手にする。
会長は死の間際「それを必ず埋めてくれ―」とドンチョルに言い残す。
その瞬間から、復讐に燃える「追跡者」だけではなく、会長殺しの「容疑者」として”国家の狩猟犬”セフン大佐に追われる二重の運命を背負ってしまう。
そして、人の心を封印した男の孤独な戦いが始まった!

あまり好きじゃないけど、トッケビのほうが、まだ良かったと思います。

いつもトッポギと間違えてしまうのですが、妻がハマっているドラマ、トッケビを横から覗いてみました。 初回放送からチャンネル歴代視聴率...