指導対局の効果を高める4つの方法って、将棋だけじゃなくて、一般的な使える話だと思いました。

間違いなく中学受験の勉強では使えますし、恐らく、スポーツでも使えると思います。コーチングの基礎みたいな。

要は、習熟のメカニズムってやつは、すべて一緒ってことでしょうね。

https://shogijotatsu.com/shidotaikyoku/

1 感想戦を待たない
2 良い手を適切に褒める
3 解決策を提示する
4 フィードバックを定着させる

少し言い換えると、

感想戦を待たない      → その場でフィードバックする
良い手を適切に褒める    → 良い理由も説明する
解決策を提示する      → ダメ出しだけでなく、代替策を説明する
フィードバックを定着させる → 自分で説明させる

ということで、私もいろいろな場面で心がけようと思います。