スプリング・ハズ・カム、びっくりするぐらい何もないストーリーなのに、引き込まれる映画です。監督の吉野竜平は天才じゃないかと思いました。

父と娘の心のつながり、思い出作り、みたいなテーマなんですが、事件も起こらず、淡々と進んでいく映画です。

普通なら、このテンポの遅さに、飽きてしまうのですが、この映画は、逆に、引き込まれていきました。

子どもを持つ親にとっては、永遠のテーマで、心に刺さるのかもしれません。それを、わざとスローモーションで表現しているイメージです。

監督が天才なのかもしれません。そして、柳家喬太郎のキャスティングが絶妙だった気がします。

二月のある日、シングルファーザーの肇(柳家喬太郎)は、広島から上京して、春から東京の大学に通う娘の璃子(石井杏奈)のため、二人で部屋探しに歩く。そこで出会う人々とのふれあいが、二人の心にかけがえのない思い出を刻み付けていく。たった一日のちいさな旅路が終わりに近づくころ、肇は璃子が幼いころ死別した妻との思い出を語りはじめる。璃子にとってそれは、今まで知ることのなかった父と母の秘められた物語であった。