長男の語彙力が悲惨なので、慌てて、語彙力アップの問題集を買ってみました。溺れる者は藁をもつかむ。

語彙力って、普段の読書や日常生活の中で養われるものだと思っているので、付け焼き刃の対策じゃ意味がないと知りつつも、最低限の言葉ぐらいは、わかるようになっていて欲しいと思い、買っちゃいました。

ちょっとレベルは低めのような気がするけど、ちょうどいいかもしれません。

小学校卒業までに覚えたい言葉をテスト形式で学ぶ。教科書レベルから難関中学受験にも対応できる語彙力が身につく本。
第3巻となる本書は「知識をいかに点数に結びつけるか」をテーマとし、実際に聞かれる問題形式で練習する。

最後まで、こっちと迷いました。

あと、こんな本も出ているんですね。試験とか短期的な目標のない大人は読んではいけないと思いますが、どうなんでしょう。

『長男の語彙力が悲惨なので、慌てて、語彙力アップの問題集を買ってみました。溺れる者は藁をもつかむ。』へのコメント

  1. 名前:ひろ吉 投稿日:2021/01/13(水) 08:04:28 ID:6bb7ada48 返信

    この「語彙力アップ1300」という本はイマイチでした。収録している語句は良いのですが、例文があまりにも安直すぎて、どうなんだろう、と思いました。