大正通りにできた宇宙時計店。なんじゃこりゃと思ったら、みすず学苑がやっているのね。

宇宙とかあるけど、結局、時計なのね。

私自身は20年以上、腕時計をしたことがないので、利用することはなさそうです。

(株)ミスズが扱う魅力的な時計やジュエリーが勢ぞろい。オープンを記念したプレイベントでは、ナオミ・キャンベルやジョン・キー元NZ首相ら豪華ゲストによるトークショーを開催。10月28日(土)盛大にグランドオープン。

この度、株式会社ミスズ(本社:東京都杉並区 代表取締役社長:半田晴久)は、10月28日(土)にHANDA Watch World 吉祥寺・宇宙時計店をグランドオープン、10月26日(木)にはオープンに先立ち、プレイベントを開催いたしました。
プレイベントでは、HANDA Watch Worldがアジア独占販売する、ロマン・ジェロームのハローキティ時計をはじめとして、ジョン・キー元NZ首相がアンバサダーを務めるヤーマン&ストゥービなど株式会社ミスズが総輸入元である魅力的な時計やジュエリーが所狭しと展示されました。

(株)ミスズが扱う魅力的な時計やジュエリーが勢ぞろい。オープンを記念したプレイベントでは、ナオミ・キャンベルやジョン・キー元NZ首相ら豪華ゲストによるトークショーを開催。10月28日(土)盛大にグランドオープン。

8大ブランド時計のブティック店(直営店)が、西荻窪で同時に誕生しました。スイス、フランス、イタリア、ニューヨークなど、世界中から素敵な時計を集め、トキメキの空間を創ります。それが、ハンダウォッチワールドです。
輸入元の(株)ミスズの半田社長は、国際的企業家ですが、それだけではありません。画家であり、音楽家であり、文芸家であり、時計コレクターとしても知られます。そんな半田氏が「トキメキあふれる生活を創る、ウォッチライフ」を提唱します。それが、ハンダウォッチワールドのコンセプトです。
来て、見て、触って、ずっとトキめいて下さい。

HANDA Watch Worldはヨーロッパやアメリカの輸入時計を取り扱う時計販売店です。ユニオン オルロジェール、ヤーマン&ストゥービ、カトレックス等、あなたのスタイルに合った輸入時計を取り揃えております。

そして、この半田社長がみすず学苑を経営しているんですね。あの意味不明のCMの。と思ったら、みすず学苑のトップページでわざわざ説明してありました。

Q.みすず学苑の広告やCMは、なぜ毎年、あんなに意味不明なのですか?

A.みすず学苑の広告やCMは、どこにもないものにしてます。それは、16年間連続92.06%合格という、合格率がどこにもないものだからです。しかし、受験生でないのに、「みすずのCMのファンです」と、感想を寄せて下さる方もたくさんいます。
もちろん、中には「毎年毎年、広告の意味が不明です」「訳が分かりません」「長い間の疑問」と、おっしゃる方もいます。これまで、なぜあんなCMにしてるか、理由は公にしませんでした。しかし、今年は、たくさん質問が来たので、その訳を説明しましょう。
まず、「意味不明」というのは、本当は間違ってます。なぜなら、みすず学苑の広告には、一貫したポリシーがあるからです。それは、「受験に関する、言葉遊びで一貫してること」です。終始一貫、ダジャレを通し、最後は、「怒濤の合格みすず学苑」を連呼して終わりです。このテレビCMを、見ないで電車内のステッカーや、新聞、駅貼りポスターを見るので、意味が解らないのです。ステッカーや新聞、ポスターは、テレビCMを平面的に並べたものです。ソフトバンクや、日清食品のポスターもそうなってるはずです。
これが、終始一貫した、みすず学苑のCMのスタイルです。


Q.あんなCMを見て、予備校としてのみすず学苑に、来る生徒がいるのですか?

A.そう思う人は、代ゼミや駿台、河合塾などに行きます。学苑長の考えは、少数制予備校に来て伸びる生徒は、頭が良くて才能もあるが、自己管理がやや苦手で、友達付き合いが良く、人柄のいい素直な子です。そんな生徒は、みすず学苑に来れば、爆発的に伸びます。そして、そんな人物の方が、社会に出て活躍してるのです。
みすず学苑は、首都圏に8校舎しかなく、全国展開もしません。だから、少数制予備校に、ふさわしい生徒だけ来ればいいのです。また、あのCMを見て、「何となく面白そうだな」と感じる、シャレの分かる、明るくて素直な子に来てほしいのです。つまり、他の予備校は、「学力」で生徒を選別しますが、みすず学苑は、CMによって「性質」を選別してるのです。
だから、みすず学苑に入学すれば、「みんな明るくて、素直で、いい生徒ばかり」ということが、誰にでも分かります。あのCMのおかげで、「暗くて、気むずかしくて、文句ばかり言う生徒」が、自然に排除できるのです。それで、みすず学苑に入学すると、いい友達に恵まれ、通学するのが楽しいと言います。これも、みすず学苑の伝統であり、校風なのです。

まあ、そうなのかもしれませんが、私自身は勉強、特に、受験勉強は授業を受けた時間ではなく独りでどれだけやったかが勝負を分けると思っているので、この予備校自体に魅力は感じませんが、なかなか面白い主張ではありますね。

で、この学苑長。写真を見たら、深見東州じゃないですか。へんちくりんな本をいっぱい出して、電車広告を出している。

半田晴久は、日本のブラインドゴルフの父ともいわれ、新たな福祉文化を創造しつづけている、日本が誇る福祉実践家であり、オピニオンリーダーです。半田晴久は、常に、日本の国益をもとに発言しており、真の言論人、実践人であると思います。

宗教家かぁ。私自身は宗教とは深くかかわり合いたくないんですよね。本気で信じている人たちって、その件に関して柔軟性が全くないから。

『大正通りにできた宇宙時計店。なんじゃこりゃと思ったら、みすず学苑がやっているのね。』へのコメント

  1. 名前:池田みゆき 投稿日:2018/04/27(金) 15:20:49 ID:7f7662310 返信

    元会員ですが、この宗教の代表かなりのでしゃばりでしょ!知らない人にTwitterでみすず学苑宗教と教えたら数人の方は別の予備校にすると言いましたよw時計も信者から集めた多額のお金で大量に仕入れて日本一と書いてると、信者が気の毒でなりません、、。こんな事でしか、日本一になれないんでしょう。哀れです。