よくわからないけれど、長男がガフールの勇者たちにはまっているみたい。面白いのかなぁ?

まあ、本を読むことはいいことです。早く、あらすじを的確に説明できるようになって欲しいですね。

ガフールの神木に、四羽の若者―ソーレン、ジルフィー、トワイライト、ディガー―がたどり着いた。自分たちは「きずなで結ばれた仲間」だという。そのうちのひとり、ソーレンが、エジルリブの若い頃を思い出させ、この物語を書こうと決心させた。“北の王国に生まれたわたしは、あるきっかけから戦士をこころざした。すばらしい仲間たちにめぐまれ、魂の片われを見つけるが、運命の戦いが近づいていた―。”