ストレングス・ファインダーには上位5つの資質だけでなく、すべての資質の順位付けしてくれるオプションがあるので、やってみました。

TOP5(「最上志向」「着想」「未来志向」「親密性」「個別化」)は自分の強みを認識するうえで、重要だけども、WORST5もそれなりに重要じゃないかと思いはじめました。

久しぶりにやってみました。10年前と比べて、あまり変わっていません。人間はそんなには変わるもんじゃない、ってことですかね。 「最上志向...

それに、10年前にはTOP5に入っていたけど、今は圏外に落ちた資質(「戦略性」「指令性」)の行方も知りたいところです。

ということでオプションサービスを利用しました。TOP10は以下の通りです。

1. 親密性
親密性という資質を持つ人は、他人との緊密な関係を楽しみます。目標達成のために友人と努力することから、大きな満足感を得ます。

2. 最上志向
最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

3. 個別化
個別化という資質を持つ人は、一人一人が持つユニークな個性に興味をひかれます。異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けています。

4. 着想
着想という資質を持つ人は、新しいアイデアを考えるのが大好きです。全く異なる現象に見えるものの間に、関連性を見出すことができます。

5. 未来志向
未来志向という資質を持つ人は、未来がどのようなものかについて考え、そこからアイデアを得ます。未来についてのビジョンを語ることで、人々を高揚させます。

6. 分析思考
分析思考という資質を持つ人は、物事の理由と原因を追求します。状況に影響を与える可能性のあるすべての要素を考慮に入れる能力を備えています。

7. 運命思考
運命思考という資質を持つ人は、あらゆる人や物事は互いに結びついていると考えています。この世に偶然というものはほとんど存在せず、ほぼあらゆる出来事には何らかの理由が存在すると確信しています。

8. 学習欲
学習欲という資質を持つ人は、学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます。特に結果よりも学習すること自体に意義を見出します。

9. アレンジ
アレンジという資質を持つ人は、たくさんの要素を構成し管理することができると同時に、一度作り上げた構成にこだわらず、作り変えることをいとわない柔軟性をも備えています。すべての要素と資源をどのように組み合わせたら、最高の生産性を実現できるのかを考えるのが好きです。

10. ポジティブ
ポジティブという資質を持つ人は、情熱的であり、しかも自然にその熱意を人に分け与えることができます。生き生きとしており、他人に活気を吹き込み、やる気を起こさせることができます。

あら、「戦略性」「指令性」はTOP10からも、いなくなってしまったのですね。「指令性」はともかく、「戦略性」は6位ぐらいに入っていて欲しかったんですけど、残念です。さようなら、戦略性さん。

「学習意欲」については、自分としては意外に感じましたが、「分析志向」「運命志向」「アレンジ」「ポジティブ」については、そんな性質があるかなと思いました。特に「分析志向」「ポジティブ」なんかは、「親密性」「個別化」なんかより上の気もしています。

TOP10の中で、<戦略的思考力>と<人間関係構築力>に分類されるものが、それぞれ4つずつ、<影響力>と<実行力>に分類されるものが、それぞれ1つずつでした。

この4分類について、よくわからないので調べてみました。

こんにちは、ストレングスファインダーに100万円以上投資している八木仁平です。 ストレングスファインダーの34資質は4分類することができるということを聞いたことがあるでしょうか? 「聞いたことはあるけれどよく理解していな...

資質の4分類

・実行力の資質… 物事を成し遂げる方法を知っている。思考よりも行動の優先順位が高い資質。

・影響力の資質…チームの考えを広く外部に知らしめようとする。周りの人を巻き込む資質。

・人間関係構築力の資質…強固な人間関係を構築する能力を持ち、単なる寄せ集めよりも大きな力を発揮するチームを作る。みんなと共に行う資質。

・戦略的思考力の資質…あらゆる可能性に目を向けさせる。情報を取り入れて分析し、適切な判断を下せるようにする。行動よりも思考の優先順位が高い資質。

・人間関係構築力の資質が上位に多い方
どこかしら温かな感じがして、他人との間に壁をつくらない雰囲気があります。

・影響力の資質が上位に多い方
声が大きかったり、身振り手振りのアクションが大きかったりと、外に発するエネルギーの高さを感じます。

・実行力の資質が上位に多い方
どことなくきちんとしていて冷静沈着なイメージで、端的に言えば”さばけそう”な雰囲気があります。

・戦略的思考力の資質が上位に多い方
物静かで思慮深そうな雰囲気を醸しだしています。

何となく自分自身としては違和感を感じます。自分のことを客観視できていないだけで、他人から見ると、そんなことはないのかもしれませんが。

ところで、WORST5はどうでしょう。

1. 達成欲
達成欲という資質を持つ人は、並外れたスタミナがあり、旺盛に仕事に取り組みます。自分が多忙で生産的であることに、大きな満足感を得ます。

2. 信念
信念という資質を持つ人には、その人の中核となる強い価値観があり、しかもその価値観は変わらないものです。その価値観を実現することが、人生の目標となります。

3. 収集心
収集心という資質を持つ人は、より多くの知識を求める知りたがり屋です。ものを集めたり、あらゆる種類の情報を蓄積したりするのが好きな人が、このタイプに多くみられます。

4. 原点思考
原点思考という資質を持つ人は、過去や原型について考えるのが好きです。過去を調べることにより、現在を理解します。

5. 共感性
共感性という資質を持つ人は、自分を他人の状況に置き換えて考えることにより、他人の感情を察するこができます。

「達成欲」はないかもしれませんが、達成しようという意欲はあるつもりなんですけど。確かに、忙しいの嫌いだし、達成しそうだという結果が見えた時点で、かなり興味を失ってしまうので、厳密な意味での達成欲がないと言えばそうなのかもしれませんが。飽きっぽい性格というのはその通りです。

「信念」もその通りですね。強い信念があることは、融通が利かなくなり、環境適応が難しくなると思っているので。

「収集心」もその通りです。情報収集するのが得意な人たちを見ると羨ましく思います。最近は、そういう人からの「受け売り」や「また聞き」をメインに使っています。

「原点志向」は、そもそも、どういった特徴なのかわかりませんが、過去を調べて分析するということはあまりしませんね、確かに。

「共感性」もその通りだと思います。ドライで冷たいとよく言われますから。

これまで出てこなかった資質で、自分としては意外に思えるものが以下の通りです。「社交性」はWORST5に確実に入ると思っていたのですが、入っていませんでした。「コミュニケーション」はもう少し上、TOP10に入っても良さそうだと思ったのですが、下位でした。

こうしてみると、これらの資質の関係性とか、組み合わせとかに興味が出てきます。この1つの分析でどんどんマネタイズしていくGallup, Inc.はさすがです。ビジネスを知っていますね。

Learn how the CliftonStrengths assessment -- formerly StrengthsFinder -- empowers organizations, managers and millions of people to succeed.