ワインを飲んで、ちょっと雑に将棋を指したら、リアルに長男に連敗しちゃいました。悔しさより嬉しさを感じました。

初戦は相掛かり。雑な端攻めから、飛車を切って強襲してみたら、受け止めてからの反撃が強烈で、あっさり負けちゃいました。

二戦目は長男の石田流。メチャクチャ下手くそだったので、作戦勝ちはしたのですが、玉頭からの攻撃を受け間違えての敗戦。

ちょっと嬉しかったです。

今までは、わざと悪い手をしないと負けなかったのに、今はただ思いつくまま指しているだけで負けてしまったので、きっと彼が成長しているってことですから。

今の感じだと「香落ち以上角落ち未満」ぐらいの差なので、きっと近いうちに昇級できるような気がしています。希望的観測ですけど。