指示待ち人間に対する有吉とマツコのコメントが、あまりにもフツーすぎるのに、なぜニュースになるのか不明です。

フツーだからニュースになるのかな。にしても、ねぇ。

http://otakei.otakuma.net/archives/2019022102.html

この日、番組では、19歳でアルバイトをしている視聴者から届いた「指示待ち人間じゃダメですか?」というメールを紹介。その視聴者によると、自分はコンビニでアルバイトをしていて、先輩から「レジに立っているだけじゃなくて、自分で仕事を見つけて!」と注意を受けたとのこと。しかし、その先輩が気を利かせて商品の補充をしていると、店長から「そこ新商品を置くから、いらんことすんな!」と言われ、先輩の行動は裏目に出てしまったそうです。

このメールの内容に、まず有吉弘行さんが、「今の例えは、たまたまの例えすぎる。やって怒られない方が多い。やって怒られる方が少ないよ」と反論。これにマツコさんも「消去法で考えていったとしても絶対に指示待ち人間は得じゃない」と賛同して、その会社が不景気になったときに「まず切られるのは指示待ち人間」だと、持論を展開していきました。

マツコさんは、指示待ちで良い時もあるが「いざって時のために『そうじゃねぇぞ』って所を見てとかなきゃいけない」と話し、メールをくれた視聴者に「まだ若いから、今にわかってくるよ」と諭しながらも「同じマニュアル通りにやっても違いがある」と力説し、いろいろ仕事をしていく中で経験すると思うが、「指示待ち」というのは「実は安全じゃない。危険なのよ」とコメントしました。

そして、最後に、この指示は「こういう事なんだな」と、「相手の気持ちをおもんばかって動ける指示待ちなのか」、それとも「言われたとおりの事をやって返すだけの指示待ちなのか」でも違うと話し、「安全なのは、頭も使う指示待ちです。絶対に……!」と結論づけ、この意見に有吉さんも深くうなづいていました。