長男が公武合体と答えるところを、いつも、新婚計画と答えて間違えます。意味はわかるんですけどねぇ。

不思議なことに必ず間違えるんですよね。

公武合体(こうぶがったい)は、幕末(1850年代から1860年代)の日本において、朝廷(公)の伝統的権威と、幕府及び諸藩(武)を結びつけて幕藩体制の再編強化をはかろうとした政策論、政治運動をいう。公武合体策、公武合体論、公武合体運動、公武一和(こうぶいちわ)とも呼ばれる。対義語は尊皇攘夷である。