石破氏、岸田氏の「2位争い」が何とも熾烈な事情って本当かな。2位になっても、ポスト菅とはならない気がするので、あまり意味があるとは思えないのですが。

菅首相がどれだけ続くかにもよりますが、ポスト菅は、今回の総裁選に出なかった人から出てくるような気がします。

そういう意味では、岸田さんは出馬しないで、菅さんの応援に回ったほうが、腹黒かった気がします。

話は変わりますが、それにしても、小泉進次郎のメッキの剥がれっぷりも凄いですね。

https://toyokeizai.net/articles/-/375049

次期首相を決める自民党総裁選は、9月14日の投開票を前に菅義偉官房長官の大勝を前提とした消化試合の様相となっている。メディアの事前情勢調査でも、国会議員票、地方票の双方で菅氏の優勢が際立っているからだ。このため、派閥単位の締め付けの中でも見え隠れする“反菅票”が「本番の投票でどれだけ顕在化するか」(無派閥有力議員)に、各陣営の関心が集まっている。

党員・党友投票抜きの「簡略型」となった今回の総裁選は、石破茂元幹事長、菅官房長官、岸田文雄政調会長の3候補が、国会議員394、地方代表141の計535票を奪い合う構図。議員と地方代表による投票で過半数(268票)を超える候補がいなければ、上位2候補による議員だけの決選投票となるのがルールだが、今回はすでに菅氏が圧倒的支持を集めているため、「一発決着」となるのは確実だ。

そこで政界が注目するのは「票の出方」(自民幹部)だ。具体的には菅氏がどれだけの票を獲得するかと、石破、岸田両氏の2位争いの行方。菅氏が予想通りの完勝となれば「本格政権の可能性が広がる」(自民長老)とされる一方、石破、岸田両氏のいずれかにとっては、3位に沈んだ場合、「次への挑戦権を失う危機を招く」(自民幹部)との見方が多い。

意外にしたたかで良いかもしれません。 安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選が8日告示され、石破茂元幹事長(63)、菅義偉...

『石破氏、岸田氏の「2位争い」が何とも熾烈な事情って本当かな。2位になっても、ポスト菅とはならない気がするので、あまり意味があるとは思えないのですが。』へのコメント

  1. 名前:ひろ吉 投稿日:2020/09/15(火) 07:03:07 ID:e3913cf5f 返信

    予想通りの結果。そして、石破さんの人気のなさはハンパない。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200914/k10012617251000.html
    開票結果は合わせて発表され、有効投票534票のうち、菅官房長官が377票、岸田政務調査会長が89票、石破元幹事長が68票をそれぞれ獲得し、菅氏が新しい総裁に選出されました。