今月の将棋会館は、私は傷心から復帰、長男はまずまずのペースを維持しているけど、決め手に欠いている状態ですかね。

お互い、なかなか、思うように行きませんね。

私の場合、前回の分がなくて、今回だったら、昇段していたはずなのに・・・。

長男も敗戦のタイミング次第では、昇段も十分可能な戦績なのに・・・。


【将棋会館:私】
2017-2019年合計:146勝84敗(.635) ※昇級3回
44回目:3勝1敗:○○○×
45回目:5勝1敗:○×○○○○
46回目:3勝0敗:○○○
47回目:1勝5敗:××××○×
48回目:3勝0敗:○○○

前回の体たらくから、何とか復活。

3戦目は、もう、あと数手で投了というところまで追いつめられましたが、気迫で粘って、逆転しました。相手は、高齢のおじいちゃんだったので、ちょっと申し訳ないです。

おじいちゃんキラーとしては、負けたくなかったもので、ガチでやっちゃいました。

【将棋会館:長男】
2017-2019年合計:480勝415敗(.536) ※昇級9回
54回目(2020年1回目):10勝4敗
55回目(2020年2回目):6勝9敗
56回目(2020年3回目):8勝5敗
57回目(2020年4回目):11勝8敗
58回目(2020年5回目):9勝4敗
59回目(2020年6回目):11勝4敗
60回目(2020年7回目):10勝3敗

ここ数回で約7割5分の勝率なので、普通にやっていれば、昇段できそうなもんですけど、勝負弱いところがあるのかもしれません。もっとも、行く回数が少ないというのが致命的なところでもあるので、落ち着いたら、通い詰めて欲しいところです。

参考までに、2人のこれまでの戦績はこんな感じです。戦型で言うと、早繰り銀の勝率が高いです。