あー、今回のサピックスオープンの算数は撃沈ですね。長男は意外に算数が得意じゃないのかもしれません。ちょっぴり残念です。

SAPIXをあまり信用していないと言っているものの、やっぱり模試は必要なので受けに行きました。遠くまで。

SAPIXの模試、学校別で、問題が去年と丸っきり同じという、塾としての姿勢が問われるような事件でも思ったのですが、SAPIXの模試の判定結果...

自己採点の結果は、最悪。

うー、平均点下がれ、平均点下がれ、と呪いをかけるぐらいしかできることはないです。

そこそこできるんじゃないかと思っていた算数が、見るも無残な結果で、泣きそう。本人も内心、ショックを受けていたんじゃないでしょうかね。もう少しできると思っていたのに、幻想だったのかもしれません。

まあ、終わったことをとやかく言っても仕方がないので、やれることをやり続けるだけですけど。