日能研の模試の結果が返ってきてびっくり。SAPIXと全然、違うじゃん。なんなんだろう、この差は。

模試から帰って来たとき、長男は不機嫌だったので、きっとデキが悪いんだろう、まあ、そこまで真剣に勉強していないから仕方ないでしょ、と思っていました。

が、意外にいいじゃん!

先月のサピックスオープンと比較してもかなりいいです。母集団のレベル差を考慮しても、この差は大きすぎです。実際に志望校に対する合否の判定も全然違いますし。もし、母集団の差だけの問題なら、偏差値の差は補正されるはずです

思い起こしてみると、長女のときも6年生の最後の模試で、日能研とSAPIXの偏差値の差が20以上ありました。SAPIXの結果は、長女には見せずに、本番の試験に臨んだほどです。

このことからも、SAPIXの問題を見た感想からも、SAPIXの模試は、基本的に意味がないと思います。難しすぎるし、ひねりすぎです。

なんか、問題のレベル感の設定が間違っているというか、問題作成者の自己満足にすぎないと思います。ひどいなぁ。 そういえば、長女のときの6...

そして、恐らくは、そういう問題の対策を授業でやっている気がします。なので、塾生ドーピングが著しい。ある意味、自己満足の世界です。

そんな極端な状況下で効果があるのは御三家レベルで、それ以外の子どもたちは通わす意味があるのか不思議です。SAPIXで一番下のクラスとか、お金の使い方を間違っている気がします。