ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん、凄く良かったです。脚本家の手のひらで転がされるように笑い、泣きました。

いい話です。そして、良くできています。設定も最高ですしね。

ファイナルファンタジーが題材というのも、ノスタルジーを感じられて、私たち世代には、グッとくるものがあります。もっとも、私は、ドラクエ派でしたけど。

要所要所にイイ話をはさみながら、ちょっと滑稽なお父さんと、それに振り回される家族という安定の展開。

そして、最後は、真相が明らかになって、それでもラスボスをみんなの力で倒して、という盛り上がり。とても良かったです。

 

仕事一筋だった父が、突然会社を辞めた。母と妹も一日中ボーっとテレビを見ている父を、遠巻きに眺めている。父の本音を知りたい、そんな願いに突き動かされたアキオはある計画を閃く。子供の頃、一緒に遊んだ思い出のあるゲーム「ファイナルファンタジー」のオンラインの世界に父を誘い、自分は正体を隠して共に冒険に出るのだ。アキオは顔も本名も知らないゲーム仲間たちの協力のもと、計画を進めていく。だが、この時のアキオは思いもしなかった。父に、誰にも告げていない秘密があるとは–。