遠野、いいところ。スローバケーションを満喫。自然体験って奇をてらったことを何もしないことが重要なのかも。

今年の夏は遠野。遠野物語を読んだこともなければ、どういうものかも知りません。でも、きっと楽しいはず、という信念だけで行きました。

いやあ、もう最高。全ては書ききれないので、一部だけ抜粋します。

曲がり屋というこの地方に伝わる家屋に泊まることができました。やっぱり、独特に雰囲気がありました。日本的な空間の使い方って参考になりますね。シンプルモダンで家を建てましたが、空間の使い方はもっと勉強しておけば良かったです。

子どもたちは乗馬体験。臆病な長男はポニーでも、びくびくしながら乗っていました。乗馬より馬車のほうがお気に入りだったみたい。

カメラが濡れてしまうので、写真はありませんが、川下りも良かったです。あまり激しくないラフティングって感じですが、家族で30分程度、ゆったり過ごせました。妻とのバランスが悪く、クルクル回ってばかりでしたが。友人家族が転覆したのも面白かったです。

陶芸体験は、時間的な都合もあるのでしょうが、ちょっと物足りない感じでした。長女の作品があまりにもいびつなので、少しがっかりでした。終了後は体育館で演劇ごっこをしていました。

民泊も曲がり屋。古屋弥右ェ門さんは、200年近い建物らしく、存在感ありありでした。夜はご主人と奥さんと教育談義に花が咲きました。子育てにはいろいろな悩みもつきものなので、人生の先輩として経験を語っていただき、ためになりました。

生まれてはじめての流しそうめん。超盛り上がりました。子どもたちも大喜び、というか、私自身が盛り上がっていました。

ジャガイモ掘りは、いっぱい収穫できて良かったです。遠野の畑にはあまり虫がいないのにびっくりです。無農薬の農業やるなら、ある程度、寒い地方じゃないとダメだなと思いました。

朝はトマト、ナス、ズッキーニ、キュウリなどの野菜を収穫して、それらが食卓に並び大満足、そして、太ってしまいました。夜のお酒のせいもあるかとは思いますが。

その他、長男は虫取りに夢中。バッタ、こおろぎ、カマキリ、くわがた。カマキリがなかなか捕れずに、最後の最後で見つけて、すごく嬉しそうでした。独りで黙々と虫を探していました。長女はミントで香水を作っていました。売り物みたいでしたが、香水をもらっても困るので、レシピを80円で買いました。本当の商売はそんなに甘くないですけどね。

とにかく、楽しい夏休みでした。ありがとうございました。