家族で農業体験。前回もひどかったけど、今回もかなり雑な感じで、性格が出ています。大丈夫なのかなぁ?

ちゃんと収穫できるのか、すごく不安。全然、野菜ができなかったら、どうしよう。

前回に引き続き、なんか想像を絶する雑な感じで、びっくり。

先週は、荒れ地だった畑に、ビニールをはりました。マルチっていうらしいです。 不器用な私たちは、うまく作れずに、かなり手際も悪く...

でも、日ごろの行いがいいから、何とかなりそうな気がします。

今回は、種もまいたので、ちょっと盛り上がりました。

トウモロコシに枝豆にレタス。レタスは光がないと発芽しないので、トウモロコシと枝豆は指の第一関節ぐらいのところまで掘って入れるけど、レタスは表面にまく、ってチャレンジで出てきたじゃん、と長男に力説してみたら、

「えっ、なにそれ?」

だって。

思い通りにはならないし、何が正しいのかもわからない、迷い多き人生ですが、とりあえず、何かの参考になるかもしれないので、KPIとなりそうな3つ...

いやいや、単元にもあるし、丸つけしているだけの私が覚えているぐらいなんだから、ちょっとは記憶しておいてくれないもんかな。

芽が出ててきても、双子葉とか単子葉で盛り上がったりしないんだろうな、きっと。

以下、植えたものリストです。

  • トウモロコシ=イネ科の一年草で、イネ科としては幅の広い葉をつける。もちろん、単子葉類。雄花と雌花が別々で、風媒花。
  • 枝豆(ダイズ)=マメ科の一年草。双子葉類で、虫媒花。枝豆は大豆の未成熟なもの。
  • レタス(リーフレタス)=地中海沿岸、西アジア原産のキク科の一年草または二年草。双子葉類で、光発芽種子。

それはそうと、太陽の下に長い時間いて、鍬でちょっと土を掘り起こしただけで、もうぐったりしちゃいました。日焼けして顔も真っ赤です。ああ、つらい。

もはや、体力の限界。次回からは、鍬を使わないですみそうなので、良かったです。

ということで、ビールが美味しいです。