口コミサイトは、すべてレビューアーの相対評価で表示すべきだと、強く主張します。

先日、Amazonやら、食べログやらの口コミが酷いということを書きました。

それだけレビューというのは、ダメな店にとっては恐ろしいものなんでしょうね。 だから、レビューそのものの信頼性をなくしているんだと思いま...

対策としては、もちろん、AIか何かで信頼度を判定して、一定以下のスコアのレビュアーは、点数にカウントしないとか、非表示にしちゃうとかいうデジタルな対策もあるかと思います。

でも、それ以前に、レビューの点数を絶対評価から相対評価に変える、というのを提案したいです。例えば、★5つが満点の場合、10個のお店全部に5点をつけたら、偏差値は全て50で、結果、3点としてカウントされるという方式です。

だって、すべての店に高い点数をつけているレビュアーの点数って、全く参考にならないんだもん。お金をもらってサクラレビューの人たちは排斥できるし、クレーマーも貶めるためには、それなりに多くの店に良いレビューを入れないといけないので、そこまでの手間は欠けにくい気がします。

どうですかね。それなりにいいアイデアじゃないかと思いますが。