教員の長時間労働「教育問題ではなく社会問題」というのは同感です。もっと先生は尊敬されていいし、お金を貰ってもいいと思う。

ただし、一定のレベル以上であることが必要不可欠ですよ、さすがに。

条件が良くなれば、他の業界から優秀な人が殺到し、今の先生の大半は淘汰されちゃうかもしれないから、結局、いま、不遇だと思っている人は不遇のままかもしれませんよ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00010000-kanag-soci

公立学校の先生の志望者数が6年連続で減少している。識者は、学校現場の長時間労働が敬遠されている影響を指摘する。新潟県では小学校の教員採用試験の倍率がわずか1・2倍になり、教員不足によって授業が行えないという事態は全国で現実に起こっている。教員の労働問題に詳しい内田良・名古屋大准教授(43)は「なり手の減少が続けば、当然教育の質は下がっていく。一番影響を受けるのは子供であり、その親。つまり教員の長時間労働は、教育問題ではなく社会問題だ」と警鐘を鳴らす。