まあ、仕方のないこととはいえ、長男の泊りがけの学校行事が中止。いま、この時期にだからこそ、友だち同士で触れ合う機会が欲しいのに残念です。

多感な時期だからこそ、受験勉強では学べないことを、いろいろと学ぶこともあると思うんですけどねぇ。

酒盛り禁止とかは、大人が我慢すればいいので、本心はイヤですが、まだ受け入れられますけど、成長に必要な教育コンテンツは守って欲しかったです。

  ひろ吉のAppendix 「低学年向け教材」編

ひろ吉
今日は小学校低学年向け、もしくは、それ以前の教材を紹介します。
通りすがり
えー、そんなの要らないから、中学受験用の教材を紹介してよ。
ひろ吉
まあ、そうなんですが、中学受験向けの教材は、通っている塾とか、やっている通信教育とかでベースとなるカリキュラムが決まっているから、メイン教材は、それを使うしかないでしょ。
ひろ吉
メイン以外は、本人の弱点に応じて、選ぶものだから、一般的な話はできないよ。教材は何を使っても一緒だし。
通りすがり
ふーん
宮本算数教室の教材 賢くなるパズル
5

有名な宮本算数教室の賢くなるパズルです。かなり種類があるので、まずは、本人が余裕で解けるレベルの簡単なものからはじめるのが、やる気を出すという意味でいいんじゃないか、と思っています。

※詳細はこちら

進研ゼミ小学講座 考える力プラス
5

この教材の何が良いかというと、ゆるいところです。小学校低学年でガチで中学受験を目指すのは適性があるかどうかわからないし、いきなり難しくてやる気を失うケースもあってリスキーですが、考える力は絶妙なバランスです。Z会だとちょっと難しいんですよね。みんな大好き「しまじろう」のこどもチャレンジからの流れでやるのは良いんじゃないでしょうか。

※詳細はこちら

ロジコ算数講座
4

簡単に言うと、宮本算数教室と考え方は似たパズルなんですけど、大きな違いは、教えることが前提になっていることです。解説書があって、それを使いながら、子どもにアプローチするので、教育熱心で、時間のあるお父さん、お母さんには良いのではないかと思います。

※詳細はこちら

通りすがり
なんでロジコだけ星4つなの?
ひろ吉
当時は知らなかったので、自分の子どもにやらせていなくて、どこまでの効果があるのか自信が持てなかったもので・・・
低学年なんで、ある程度は親などの大人が関与するスタイルも良いかと思っているんですけど、どうでしょうかね。