長男のいかさま作文シリーズ、「他意」を使って文を作れに対する答えがひどすぎ。が、今回はベネッセのほうに問題がありそうです。

長男が国語の問題です。

「他意」を使って短文を作れという問題で、例として、「母の言葉に他意はない。」というのが示されていました。

で、長男の答えは、

「父の言葉に他意はない。」

でした。そのままじゃん。

「他意」の意味がわかんなくてもOKなやつじゃん。

いやあ、どうにかならないもんですかねぇ。

まあ、前のやつよりはマシかなぁ。

とは言っても、今回は長男が悪いと言うよりは、こんな問題を作ったベネッセに反省して欲しいところです。