TAG

結婚

エリザベス女王が亡くなったから出てきたのか、ダイアナを見ました。いい映画だとは思ったけど、ダイアナのリアルではない気がしました。

そういえば、いろいろあったよな、と当時のことを思い出しながら見ました。 ただ、この映画では、ダイアナはパキスタン人の医師のことを純粋に愛していたということを伝えたかったのか、他の何かを伝えたかったのかは、よくわかりません。 私の個人的な感想としては、王室であろうと人間なんだから、個人的な感情に関することは、そっとしておいてあげれば、いいんじゃないのかな、ということぐらいですかね。   そ […]

安倍元首相の銃撃事件、政治的な理由じゃなくて、宗教的な理由だったんですね。許されない行為だけど、ほんの少し犯人への同情の気持ちもわきました。

統一教会ね。 私が学生の頃から、カルトとして、有名でした。大学に入ったときに、統一教会に気をつけろという主旨の説明があったぐらい。当時は原理研と呼ばれていたような。 桜田淳子や山崎浩子の合同結婚式もありましたね。 その後、オウムが台頭(?)して、事件を起こし、あまり表舞台には登場しなかったけど、活動は続けていたんですね。 こういう集団に搾取された人の恨みは、向かう先もなく、どんどん心の闇に落ちてい […]

かぞくいろ、悪い話じゃないですよ。でも、映画にするには、どこにでもあるストーリーにしか思えませんでした。

この映画のクリエイティブなところはどこなんだろう。 ストーリーも悪くはないけど、いつかどこかで見たような、定番の展開。地方とタイアップした企画でしかないと思っちゃいました。   東京で幸せな結婚生活を送っていた晶は、夫・修平の突然の死によりシングルマザーとなる。生活は一変し、晶は、修平の連れ子・駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ。そこには、修平と疎遠だった義父・節夫が暮らしていた。運転士の仕事 […]

長女が成人になる日もカウントダウンとなってきて、のび太の結婚前夜の話に大感動中。気が早すぎるけどね。

のび太の結婚前夜が、泣ける。 実は、引用されているだけで、筆者の言いたいところは別にあるんですが、そんなの霞んでしまうほどの、素晴らしいくだりなので、そこだけ引用です。 そして迎えた当日。指名を受けると私はマイクの前に立ち、話し始めた。 「島田くんの中学時代からの友人で桃野と申します。今日は新郎の友人代表ということで、お話をさせて頂きます」 …案の定、既に酒が一巡している会場は乱痴気騒ぎである。誰 […]

「赤の他人の証明写真」が面白い。これ、ただの無駄遣いだけど買いたい。それだけじゃなく、自分で作りたい。何かを3つ集めると1翻つくみたいな役を作って楽しむの。盛り上がるはずなんだけどなぁ。

神楽坂まで行かないと買えないのかぁ、ちょっと面倒だな。   それより、この写真のコンテンツのほうを作りたい。 例えば、会社の社員でやるとか。社員証に顔写真があるから、それをちょっと拝借して、作ったら盛り上がるんだけどな。 社長の写真とかレアなわけで、社長、副社長2人を集めたら役満、って感じ。 でも、それよりも、ハゲ散らかしている3人を集めるとか、窓際3人集めるとか、セクハラ3人集めるとか […]

とある超進学校に息子が通うお母さんたちが、その学校出身者は未婚率が高く、離婚率も高いことを心配しているという話を聞きました。それ、あなたのせいだと思いますよ。

一応、そのお母さんたちの主張では、高学歴で女の子に免疫がないから騙される、というロジックらしいです。 いや、そうかなぁ。 恐らく、以下のほうが真実に近いんじゃないかと思います。   高校生にもなって、お母さんがいろいろと口出して来るようだと、そりゃあ、未来の姑を見て、結婚するのを敬遠するだろうし、結婚した後も、姑が離婚の原因になりますよね。 中学受験が終わったら、解放してあげたほうがいい […]

家族で激論が始まると、「朝まで生テレビ」のファンファーレが鳴り響くのですが、司会の田原総一朗をよくよく調べたら、とんでもない奴すぎて草。

っていうか、おかしいだろ。他にもあるけど、一部抜粋。 全共闘くずれのヒッピーたちが、全員全裸で結婚式をやることになった。余興として花嫁が列席者全員とセックスをする。スタッフも全裸で撮影していたが、花嫁がスタッフともセックスしたいと言い出したため、田原は自ら彼女とセックスし、そのシーンを撮影させた。この「日本の花嫁」は、ゴールデンタイムで放映された。  https://ja.wikipedia.or […]

同じ40代で「昭和な夫」と「令和な夫」がいるのはなぜなのかって、人間は1種類じゃないから、あたりまえだろ、というだけの話なんですけど。

人間は、右か左かでわけられるほど、単純にはできていないんだと思いますが。 同じ40代でも、「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という“昭和な結婚観”を持つ男性がいる一方で、「家事育児は夫婦で協力してやるもの」という“令和な結婚観”を持つ男性もいる。両者を分かつものは何なのか、女性の生きづらさをさまざまな側面から描いてきた漫画家でライターの田房永子さんが考えた。  https://gendai.isme […]

「1ミリも心が動かない」三流プレゼン、8大NG台詞となっているけど、そんなに目くじらを立てるほどではないんじゃないかな。

具体的に8つが何かと言うと、以下の通り。 「ただ今ご紹介にあずかりました〇〇です」「本日はどうかよろしくお願いいたします」「緊張しております」「つまらない話で申し訳ございません」「〇〇についてお話させていただきたいと思っております」「本日ご紹介した〇〇について、ご理解いただけますと幸いです」「はなはだ恐縮ではございますが……/はなはだ簡単ではございますが……/僭越ではございますが……」「ご清聴あり […]