TAG

将棋

今日は父の81回目の誕生日。生きていればの話ですけど。81歳は将棋を指す人界隈では盤寿と言ってめでたい歳なので、このぐらいまで生きていてほしかったです。

父と私と長男で、誰が一番、将棋が強いかリーグ戦でもやりたかったです。 まあ、現実的には、長男が一番強くて、私が一番弱い気がしますけど。でも、父には勝てる気もします。 でも、結構、みんな、いい勝負だと思います。そういう意味では、どんぐりの背比べ。 こんな妄想をするのが供養かな、と。

里見香奈五冠、棋士編入試験連敗ですか。さすがに厳しいかな。一時はAI的にかなり優勢だったんですけどねぇ。試験官のほうも、これだけ注目され、中継されるとガチになるから大変だと思います。

今までが緩かったということではないですが、心のどこかに、そこまで勝ちに徹してはいなかった、というのはあったのではないでしょうか。 でも、今は、中継もあるので、試験官側にとっても、晴れ舞台になってしまって、本気で勝ちに来ているわけで、大変ですよね。 でも、ここから3連勝したら、ドラマチックですけど。 将棋の女流棋士の里見香奈清麗(30)が女性初の「棋士」に挑んでいる棋士編入試験第2局が22日、東京都 […]

藤井五冠と糸谷八段の対局を見ていて、AIの評価値の挙動がなんだか変だった気がします。AIもミスをするとなると、とても人間らしくて、親近感をおぼえます。

アルゴリズムがブラックボックスだからわからない。もはや、他人と接するのと同じで、見えるところから、類推しないといけません。 もし、ミスだっとして、ハード的な故障によるものか、ソフト的なバグによるものなのかも気になりますね。 あと、解説の棋士が、ハァハァ五月蝿かったのが、すごく鬱陶しかったです。   将棋の最年少5冠、藤井聡太竜王(王位・叡王・王将・棋聖=20)が12日、名古屋市の名古屋将 […]

藤井聡太五冠、王位防衛。豊島九段が全く歯が立たなかった感じがして悲しいです。もはや、番勝負で藤井聡太に勝てる棋士はいないんじゃないでしょうか。

渡辺名人も、永瀬王座も完敗ですからね。 藤井聡太王位(竜王・叡王・王将・棋聖=20)が6日、20代初タイトルを獲得した。豊島将之九段(32)の挑戦を受ける、将棋「お~いお茶杯第63期王位戦7番勝負第5局」が5日からの2日制で静岡県牧之原市「平田寺」で行われた。 対局は藤井が豊島を下し、対戦成績3勝1敗で防衛し、3連覇を果たした。5冠を堅持し、通算タイトル獲得10期と大台に乗せた。これは史上9人目と […]