TAG

長男

学校にジャージを忘れたのか、長男が半袖で登校。バカじゃないのか、この寒いのに。山本一郎じゃないんだから、暖かい服装で出かけて欲しい。

部活の試合も近いのに、風邪ひいちゃうじゃん! 学校にジャージがなかったら、どうするんだろう。半袖ですごして、半袖で帰ってくるのかな。今は試合に向けて、体調管理が一番大事な時期なのに。 少しは、次に起きることを考えて行動して欲しい。

将棋で長男に完敗。負け方が悪くて、少しずつ差をつけられて最後は大差。もはや、駒サプリだけじゃ、追いつけない実力差なのかもしれません。

老いては子に従え、ってことですかね。・・・いやいや、まだまだ、負けたくないです。 今までは、最終盤などの直線的に読む場面と、終盤の入口の寄せへのアプローチの場面では、負けているけど、それ以外は互角以上だと思っていたのですが、今となっては、序盤や中盤の感覚でも負けています。 唯一、勝てるのは、大人なんで私のほうが、ミスの数が少ないことぐらいです。勝つには、相手のミスを待つしか戦略がないのがつらいとこ […]

長女からのお土産で、舞妓はんひぃ~ひぃ~、を貰いました。嬉しい。早速、試してみたいと思います。

お小遣いをたいして渡していないのに、お土産を買ってきてくれて、ありがとう。辛いもの好きで、次の日のことを考えずに食べちゃう派なので、楽しみです。でも、「狂辛」だから、どうなってしまうのでしょう。 妻や長男にも買ってきてくれています。素晴らしい。

将棋倶楽部24で昇級。ようやくって感じ、遅れて来たルーキー。駒サプリのおかげか、それとも、長男の誕生日プレゼントのおかげか。ただ、次負けると降級というのが厳しい。

結局のところ、レーティングなんで、すぐ降級するシステムなんですよね。しばらく指すのやめようかと思っちゃうぐらいです。 ちなみに、昇級の一番は、終盤での大逆転勝利。相手のポカによる頓死ですけど、いいんですよ、勝てば。勝てば官軍。

妻と長女が旅行。長男と2人だったけど、今朝はその長男もお出かけ。咳をしても一人。老後の練習しています。「爺活」ですな。

まあ、それなりに楽しんでおります。そして、まだ飲んでいませんよ。   「咳をしても一人」などの句で知られる自由律の俳人・尾崎放哉。前途を嘱望されたエリート社員だったが、家族も仕事も捨て、流浪の果て、孤独と貧窮のうちに小豆島で病死。その破滅型の境涯は、同時代の俳人・種田山頭火と並び、いまなお人々に感銘を与えつづける。本書は、遁世以後の境地を詠んだ絶唱を中心に全句稿を網羅するとともに、小品・ […]