開成番長に長女の相談に乗ってもらいました。さすがはプロですね。まずは、本人の現時点の実力を見極めてもらおうと思います。

冒頭から、塾の経営者に向かって、塾が嫌いという話をしちゃいました。そのときは、あまり意識していなかったけど、よく考えれば、失礼な話ですね。

自分自身がゆるゆる中学受験だったので、楽観路線だったのですが、それなりに厳しいみたいです。あたりまえですけど。

いろいろとためになる話を聞かせてもらいました。

確かに目標を決めて、その目標に向かって努力するというのが、一番、パフォーマンスが出る気がします。目標が決まっていれば、出題傾向から、勉強の取捨選択もできますし。ただ、目標が実力に不相応だったりしたら、どうするんだろう。長女はポジティブだから、夢が大きすぎる気がするのですが…

とりあえず、今の実力を把握しないといけないので、一度、行ってみようと思います。自宅学習にするとしても、ペースメーカーは必要なので。

で、最後は、飲んでいただけですけどね。これは、私のいつものパターンです。誰が相手でもブレることはないです。