CATEGORY

レビュー

進撃の巨人のファイナルシーズンをAmazonプライムで見れるところまで見ました。もはや、何が正義なのかわかりません。

まあ、巨人に正義を求めちゃいけませんけど。 続きが気になって、夜も眠れません。   「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。自由のために戦った。名は――進撃の巨人。」 ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。それでもなお、彼らは進み続けなければならない。壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見て […]

Viva!公務員、感動的でもなければ、面白いわけでもない話なんですけど、デフォルメが効いているせいか、なかなか面白かったです。

こんな露骨な公務員とかいないだろ、と思いながら、微笑ましく見ました。   終身雇用を求めて公務員になった男がリストラの対象になってしまったことから巻き起こる騒動を描き、イタリアで大ヒットを記録したコメディドラマ。終身雇用の仕事に就いて安定した人生を送るという子どもの頃からの夢をかなえ、15年前に公務員になった独身男性ケッコ。しかし政府の方針で公務員が削減されることになり、ケッコもその対象 […]

それでもボクはやってない、痴漢の冤罪は怖いですね。アメリカだったら、満員電車を運行させる鉄道会社が訴えられるかも、と思うぐらい酷いです。

映画上の話ですが、警察や検察、そして、裁判官までもが酷いですね。 痴漢も痴漢の冤罪も、満員電車で激混みだから、起きるわけで、コロナで通勤電車が減った今となっては、痴漢そのものも激減しているのではないでしょうか。 ガラガラの電車でやったら、それは痴漢でなく、文字通り、強制わいせつですから。という意味だと、鉄道会社の責任ってそれなりに大きかったのでは、と思います。 話を映画に戻すと、この映画は、主人公 […]

インターンシップ、ありがちなストーリー展開だけど、主人公たちをすごく応援したくなる気分爽快な映画です。

Googleという実在の企業なのがリアリティが出ていいんですかね。それとも、主人公たちのITリテラシーの低さがいいんでしょうか。 とにかく、楽しめる映画です。   『テッド』のスタッフが、Googleのインターンになった、IT音痴のオッサンたちの挑戦を描く人生逆転ゲーム!失業したIT音痴のオッサンたちが、Googleの実習生<インターン>に!ライバルは超エリートたち。6つの難題をクリアし […]

ふろむだ学習効率本、5巻まで買っちゃいました。2巻まで読み終わったけど、今のところ自分の感覚と差異はないです。でも、論文をここまで読むのは面白いけど、しんどいかな。結論を求めたがるのはわかる気がします。

一般人が知りたいのは、正確さよりも、わかりやすさですから。 脳みそが衰えて、いや、元からかもしれませんが、難しいことを考えるのがつらいです。   後日、この本の内容をまとめて、子どもたちに伝えたいと思っています。

ベテラン、悪役が本当に憎たらしくて、心底から、ギャフンと言わせてやりたいと思いました。

そういった意味では、もう少し、ボコボコにやられてしまえば、もっと痛快だったのになぁ、と思います。 ストーリーとしては、金持ちが金の力で、悪事をもみ消しているのを暴くという、ありがちなもので、特筆すべきはないのですが、悪役が名演技だと思います。 ソウル警視庁の広域捜査隊に所属するソ・ドチョル(ファン・ジョンミン)は、気性は荒いが男気あふれるベテランの熱血刑事。かつて世話になったトラック運転手が、賃金 […]

ボヘミアンラプソディー、多少、美化しすぎているとこともあるんだろうけど、感動するし、引き込まれる映画です。

音楽には疎いので、クイーンもフレディ・マーキュリーも、名前を知っている程度だと思っていましたが、映画を観ると、どれも聞いたことのある曲で、さすがだな、と思いました。 ストーリーとしては、ベタで、才能を活かし成功し、その後、取り巻きのせいで失速、そして、最後に自分を取り戻す、というありがちなものなんですが、テンポがいいので、飽きさせません。 途中に入っている名曲の数々も良いんだと思います。そして、そ […]

サイドエフェクト、最後にどんでん返しを期待していたのに、意外にあっさりと決まってしまって、肩透かしをくったような気がします。

精神病なのか、詐病なのか、ハラハラするものの、決着は、大方の予想通りなので、なんとなくしっくりこないです。もっと意外性のあるラストにして欲しかったです。 意外性がないと、そんな薬の副作用で、こうはならないよ、という現実的な面が目についてきちゃいます。   最愛の夫マーティンの逮捕に心を痛めたエミリー。うつ病に苦しめられた末自殺未遂を起こして入院する事態に。そんなエミリーの担当となった精神 […]

殺人者の記憶法の新しい記憶のほうを観たけど、ハラハラして、とても面白かったです。そして、「新しい記憶」のほうが格段に面白いと思います。

殺人者の記憶法って、オリジナルと別バージョンがあるんですね。 それをわからずに、見終わってからネットで調べたら、ストーリーが追えなくなってしまいました。 理解したうえで、あらためて、別バージョンのほうが格段に面白いです。 とは言え、2つともに観るのほどものではないので、私なら、オリジナルバージョンで作り、エンドロールの途中で、別バージョンのストーリーを流します。よくあるパターンですけど。 殺人鬼が […]