ハリウッドスタジオは、ユニバーサルスタジオのコンパクト版というイメージだけど、より洗練されています。

マジックキングダムアニマルキングダムの次はハリウッドスタジオ。

ハリウッド黄金時代の煌びやかさと魅力に満ちたディズニー・ハリウッド・スタジオは、映画の世界を作り出す魔法を楽しめるテーマパークです。

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの4大テーマパークの1つ、ディズニー・ハリウッド・スタジオで本格的な映画やミュージカルの世界を体感してみては?

ハリウッドスタジオ、ディズニーっぽくないテーマパークですが、よくよく考えると映画を配給してますから、こういうのもアリですね。


夏休みの家族旅行は、昨年は三浦と長野、一昨年は遠野、その前は四国と経済的な理由と、無用なトラブル対策の観点から、ドメスティック路線で攻めてい...

ハリウッドスタジオをざっくり言うと、、、

  • 一番のおすすめは「Indiana Jones Epic Stunt Spectacular!」
  • 「Rock’n’Roller Coaster Starring Aerosmith」も外せないかな
  • ちんまりしたパークですが、ショーのクオリティはどれもハイレベル
  • 他のテーマパークとは違い、所謂ディズニーのキャラクター色は希薄
  • ハリーポッター好きでなければ、ユニバーサルスタジオの代替として可能

【詳細】

ハリウッドスタジオは、2回に分けて行きました。1回目は夕方からショーを見に、もう1回はFastPassを取って、アトラクションを楽しみに行きました。

(1日目)夜、ショーを見に。

  • Fantasimic!
    • ディズニーらしいショーですね。各ストーリーの悪役が出てきて、面白かったです。噴水の映し出される映像も斬新で良かったです。ショーとかにそれほどの興味を示さない長男も面白かったと言っていました。
    • 花火と水で彩られた約30分間のスペクタクルショーで、夢が持つ力の素晴らしさを体験しよう。ヒーロー、プリンセス、ヴィランズなどディズニーの人気キャラクター達が集結する一大ショーを楽しみましょう!

      「ファンタズミック!」では、魔法使いの弟子に扮したミッキーマウスが、ディズニーの名作映画に登場する大勢のキャラクター達と一緒に、色鮮やかなイマジネーションの世界を見せてくれます。しかし、ディズニーヴィランズ達が一堂に会すると、ミッキーの夢はたちまち悪夢に変わってしまいます。この悪夢を打ち砕くことができるのは、ミッキーとイマジネーションの力だけです!

      花火やレーザー光線、約379万リットルの水、ディズニーの名曲を歌う50名のパフォーマー、水の壁に投影される名作アニメが一体となって作り出される「ファンタズミック!」は、様々なサプライズが満載で、家族全員で楽しめるスペクタクルショーです。

      終わった後に、連続してスターウォーズのショーがあったのですが、間に合わないので、音楽を聴きながら帰っていきました。せっかくなので、旅程に余裕があれば、これも見たかったですね。

(2日目)翌朝

  • Rock’n’Roller Coaster Starring Aerosmith
    • ディズニー初の回転系じゃないでしょうか。結構、スピードも出るし、面白かったです。急いで高速道路を運転するというストーリー性も良かったです。
    • もう1回乗ろうと並んだのですが、FastPassがなかったので、その長蛇の列に断念しました。
    • スーパーストレッチリムジンに乗り、エアロスミスの楽曲をバックにロサンゼルスの高速道路を駆け抜けよう。

      有名なランドマークを横目に、エアロスミスの楽曲をバックにコンサート会場へ急いで!舞台となるGフォース・レコードは、伝説のロックバンド、エアロスミスがレコーディングを行っている有名な音楽スタジオです。街の反対側で行われるコンサートに遅刻しそうだとバンドマネージャーから聞かされたあなたは、メンバー達と一緒に会場に向かうことになります。

      大混乱の高速車線
      光輝くスーパーストレッチリムジンに乗り込んだら、エアロスミスの楽曲が大音量で鳴り響くなか、時速約97kmで夜のロサンゼルスを疾走していきます。
      有名なハリウッドの看板や照明で彩られたランドマークを横目に見ながら、リムジンは夜のロサンゼルスを疾走していきます。途中にはスリル満点の回転(ロールオーバー2回&コークスクリュー1回)もありますので、爽やかな風を体全体で感じてみてください。
      果たして一行はコンサートに間に合うでしょうか?

  • Star Tours – The Adventures Continue
    • ダースベイダーが出てきて、フォースを感じたので、それだけで良かったです。でも、それ以上はあまり記憶にないです。
    • スタースピーダー1000に乗り、『スター・ウォーズ』を再現したスリル満点のツアーに旅立とう!フライトシミュレーター、オーディオ・アニマトロニクスによるキャラクター、コクピット内の特殊効果など最新テクノロジーを駆使して作られたこのアトラクションは、銀河の冒険を通じてスター・ウォーズの世界を体験させてくれます。

      あなたも反乱軍の英雄に!
      発進準備をしていた宇宙船にアクシデントがあり、C-3POが操縦を担当することに。すると突然、宇宙船の前に帝国軍が現れます。捕えられることを恐れたC-3POは予測不可能な飛び方でその場を逃れましたが、宇宙船は銀河の反対側に来てしまいました!

      銀河を股に掛けた旅
      旅の途上では、『スター・ウォーズ』の数々のキャラクターやロケーションが登場します。砂嵐が吹き荒れるタトゥイーンでは、息も詰まりそうなポッドレースで岩盤を縫いながら砂漠を疾走し、氷の惑星ホスでは、AT-ATの周囲を飛び回りながら激戦を繰り広げ、水の惑星ナブーでは、巨大魚から逃げ回りましょう!惑星を訪れたあとには、ヨーダやレイア姫などおなじみのキャラクターが目の前に登場します。あのダース・ベイダーも登場しますよ!

      「スター・ツアーズ」には、幾つものストーリーが用意されており、その組み合わせは50パターン以上。乗る度に新しい冒険を楽しむことができます。

  • Toy Story Mania!
    • 撃ち続けるのに手が痛くなりました。結局、妻に負けて悔しいです。こういうシューティングのアトラクションは子連れにはいいですね。
    • ディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー』の人気キャラクター達が登場する、ミッドウェイ・スタイルの4Dシューティングを楽しもう。

      色鮮やかなオモチャ箱の中に入ると、1920年代の客引きに扮したミスター・ポテトヘッドが皆さんを出迎えてくれます。パーク内で最もよく喋るオーディオ・アニマトロニクスであるミスター・ポテトヘッドは必見です。

      スリル満点のゲームの数々
      20世紀初頭をモチーフにしたカーニバル・トラムに乗り込んだら、3Dメガネをかけましょう。「トイ・ストーリー・マニア!」では、ウッディ、バズ・ライトイヤー、レックス、グリーン・アーミー・メンなど、ディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズに登場する人気キャラクターと共に、5種類のユニークなバーチャル3Dシューティングが楽しめます。ゲームに登場するターゲットには、エアブラストや水のスプレーなど4D特殊効果がついています。本物の風船を撃ち落とすと水しぶきが飛んでくるサプライズも!

      スコア
      スコアは、狙いにくいターゲットほど高得点となります。各ゲーム終了ごとに集計され、最後に合計スコアとして表示されます。友達とハイスコアを競い合ったり、パーソナルベストを狙ったり、何度チャレンジしても夢中になるでしょう!

  • The Twilight Zone Tower of Terror
    • アトラクションそのものよりも、それまでの恐怖をあおるトワイライトゾーンの映像が良かったです。最初に前方にせり出ていくのは、ちょっとびっくりしました。
    • それにしても、トワイライトゾーンの音楽が不気味な感じでいいですね。
    • 恐怖のエレベーターに乗って、いざ、トワイライト・ゾーンへ。バーをしっかり握り、異次元へのスリル満点の旅に出発しよう。

      ハリウッド・タワー・ホテル
      謎の事件によって閉鎖に追い込まれるまで、ハリウッドのセレブリティーが集ったハリウッド・タワー・ホテル。ホテルの中を探索し、朽ちたボイラー室に足を踏み入れると、五次元の世界へ旅するためのエレベーターが現れます。

      上に行く?
      座席に座ると、闇に包まれたエレベーターが上階に向けて動き出します。扉が開いて長い廊下が現れると、なんと、1939年にホテルに宿泊していた客達の幽霊が手招きしているではありませんか!13階に着くと、テレビ番組『ミステリー・ゾーン』のオープニングのような光景が目の前に現れます。想像を絶した世界には一体何があるのでしょうか?

      下降!
      突如エレベーターが落下し始めたと思ったら再び上昇。気付けばエレベーターは建物の外に迫り出し、ディズニー・ハリウッド・スタジオを13階の高さから一望する状態に。すると、エレベーターは急に垂直落下を始め、速度がどんどん増して、ケーブルが弾け、頭上でガチャガチャと鳴る金属音が聞こえてきて・・・。

      果たして、現実の世界に戻ってこられるのでしょうか?それとも、トワイライト・ゾーンから永久に抜け出せなくなってしまう?

  • Beauty and the Beast – Live on Stage
    • 美女と野獣のミュージカル。もう誰もが知っていると言っても過言ではないベタなストーリーなのですが、いい感じでした。やっぱり、外国人は節制さえすればスタイルが良いので、遠くからでも見栄えがいいですね。
    • 豪華なブロードウェイ・スタイルのミュージカルで、人間に戻るために愛を探し求める野獣(王子)の物語を堪能しよう!

      「遠い昔の物語」に秘められたロマンスや魔法を、ブロードウェイスタイルのミュージカルで追体験しましょう。色とりどりの衣装やきらびやかな背景、そして数々の名曲と共に甦ったベルと野獣(王子)の心温まる物語は、あの大ヒット映画の感動を再び体験させてくれるでしょう!

      野獣(王子)役のロビー・ベンソン、ポット夫人役のアンジェラ・ランズベリー、ルミエール役のジェリー・オーバックといった映画と同じキャストが声優として出演するこのアトラクションは、ここでしか見ることができない上質のミュージカル作品です。

  • 【カフェ】The Trolley Car Cafe
    • 所謂、スタバ。それ以上でもそれ以下でもないです。こちらは、コップに名前をマジックで書く運用なんですね。ディズニー内だけかな?妻は、なぜかジェーン(JANE)と書かれていました。どう見ても、ジェーンって顔じゃないでしょうが。
    • スナックポイントが、フラペチーノのVENTIにも使えるので、それを買いました。
  • Indiana Jones Epic Stunt Spectacular!
    • これ、甘く見ていたけど、実はすごくお勧め。映画の撮影するところを再現するというコンセプトもいいし、スタントマンの動きもいい。事前にエキストラを募集して、舞台に上がれるので、英語力があれば、ぜひとも行きたいと思いました。
    • もう1度、映画を見直したいとも思いました。
    • インディとマリオンが主演する驚異のスタントショーを見ながら、映画制作のマジックを学ぼう。

      廃墟となった寺院を背景にしたステージにインディ・ジョーンズが登場すると、ノンストップアクションショーの始まりです。黄金の神像を追い求めるインディと仲間のマリオンは、偽物の弾丸が飛び交い車両が炎上する中、悪党との格闘や高い建物からのジャンプ、危機一髪の脱出など数々の危機を乗り越えていきます。そして、観客の興奮が最高潮となる爆発シーンでショーはフィナーレとなります!

      主人公の2人が罠や悪党、巨大な障害物を乗り越えていく姿を例に、スタントダブルとスタント俳優の違いや、基本的な殺陣(怪我をしない様な投げ方、パンチの受け方、高所からの飛び降り方、複雑なアクションシーンの中でのムチの使い方)など映画のマジックを監督が説明してくれます。

スターウォーズはメインのコンテンツだったとは思いますし、長男もスターウォーズ好きなのですが、時間の関係や、コンテンツの関係上、あまり見に行くことができませんでした。でも、帰りの飛行機でローグ・ワンを見れて満足してくれていたので、良しとします。

3と4の間って、映像的にもストーリー的にも何となく違和感というか飛躍というかを感じていたのですが、こういうスピンオフがあると、うまくつながる...


【まとめ】(再掲)

  • 一番のおすすめは「Indiana Jones Epic Stunt Spectacular!」
  • 「Rock’n’Roller Coaster Starring Aerosmith」も外せないかな
  • ちんまりしたパークですが、ショーのクオリティはどれもハイレベル
  • 他のテーマパークとは違い、所謂ディズニーのキャラクター色は希薄
  • ハリーポッター好きでなければ、ユニバーサルスタジオの代替として可能

1日中いるテーマパークではないと思いますが、行きたいアトラクションやショーをFastPassで確実に押さえて、半日×2ぐらいで計画するのが良さそうです。